ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキキララの17年産 美浦・菊沢隆徳(予定) 黒鹿毛 2歳(2017.2.28) 2017年産2歳募集馬
2019年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:グランプリボス
■母:タイキキララ
■母の父:キングヘイロー
■募集総額(万円):1,800
■口数:200
■一口出資金(円):90,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
■現在の馬体重(Kg):523
■募集状況:募集中
2019/4/15
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター2000m、坂路でキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「輸送の疲れもすっかり癒え、4/9(火)から、馬場での運動を開始しています。馬格があるので、ポリトラックのコースでは、少し窮屈そうな走りになっていましたが、坂路でのキャンターは、力強く、一歩一歩に力がこもった走りを見せてくれています。背中の筋肉量も豊富で、調教では、それをしっかりと大きく使うことができています。性格面では、調教においては特筆する点はなく、真面目に、実直に調教に取り組んでいますが、手入れ中などは、かなり粗めのちょっかいを出してきますね。諭しながら調教を進めて行きます。」

2019/4/08
★4/4(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「4/4(木)に浦河を出発して、4/6(土)の早朝に名張分場へ到着しています。名張分場の担当者からは『こちらに到着後も特に変わりなく、元気に過ごしています。飼い食いも落ちずに、食欲旺盛ですね。体調を見ながら今週から徐々に動かしていきます。馬体重は498kgです。』とのことでした。初の長距離輸送というのも考慮して、少し余裕を持たせての523kgで送り出しています。結果-20kg強で、例年の輸送減りと比較すると、少し減りが大きいですが、体調は良さそうですし、タフな馬ですから心配はいらないでしょう。まずは、本州の気候に慣れること、そして、より負荷の掛かる坂路コースで、日々鍛えていくことで、入厩に備えた体力作りを行っていきます。」

2019/4/01
★暫定情報★4/4(木)にビクトリーホースランチ名張分場へ移動

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月半ばから、本場での調教と週1回のBTC坂路での調教に加え、BTC600mダートコースでの調教も週1回の頻度で取り入れています。今までとは違う環境で、気持ちを新たに、調教に集中させる目的と、幅員が大きなコースで、少しペースを上げたキャンターを乗り込むことでの、持久力アップも図っています。一組ずつ順番に利用する坂路とは違い、他所の牧場の馬と共有して利用するコースですので、よりトレセンや競馬に近い環境での調教になっています。順調に成長を重ね、世代では一番大きな馬格を手に入れました。キ甲も抜けてきましたし、全体のシルエットからも、ひとまずは、馬格に関しては成熟したかな、という印象です。馬格に見合う筋肉量も確保できており、各馬場でのキャンターの迫力は、まさしく競走馬そのものですね。体質も丈夫ですし、性格面も扱いにくい部分はなく、完成度の面では、世代を引っ張っていく存在になっています。菊沢隆徳調教師が来場された際は『いやぁ、大きくなりましたね。もう競馬できるんじゃないですか。タフそうですし、早めの入厩へ向けて調整お願いします。』と話しておりましたので、ビクトリーホースランチ名張分場への移動の第一陣として、4/4(木)での輸送を予定しています。現在の馬体重は523kgです。」

2019/3/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースで軽めキャンター3000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「競走馬名が『タイキルークス(Taiki Lux)』に決定しました。引き続き、ウッドチップコースでのキャンターと、週1回のBTC坂路コースでの調教で、負荷を掛けていっています。2月初旬から中旬にかけて、2週間ほどリフレッシュ期間を設けて、疲労の回復と馬体の成長を促しています。リフレッシュ期間が明けてからは、ウッドチップコースでのキャンターを3000mに延長し、入厩へ向けた体力づくりを進めています。暖かくなって、安全面も確保出来るようになりますので、今月からはゲート練習も開始していく予定です。力のいる坂路調教でも、左右のブレは無く、歩度を伸ばしたキャンターになれば、柔軟な乗り心地でありながら、トルクフルな走りを感じることができます。15-15ペースの坂路調教をコンスタントに行っていますが、相変わらず肉付きが良く、トモは丸みを帯びた好馬体を維持できています。しなやかというよりはギュッと身が詰まった印象の馬体ですので、やはりマイル~短距離向きかな、と感じています。現在の馬体重は518kgです。」

2019/2/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「1月初旬から、週一回、BTC坂路コースにて、1本目17-16ペース、2本目を15-15ペースでのキャンターを取り入れて調教を行っています。15-15ペースの坂路調教でも、力強いキャンターで軽々とこなしています。500kgを超す、恵まれた馬格も相まって、明け2歳らしからぬ、かなり迫力のある走りですね。前肢後肢、共に十分な筋肉量で、見た目にもボリュームがありますし、パワーがあるのは乗らずとも明らかです。On/Offの切り替えが上手で、全体の均衡も取れていますし、完成度は高いと思います。雰囲気はどちらかと言うと父似で、現時点での印象としては、マイル近辺が主戦場になるでしょうか。現在の馬体重は518kgです。」

2019/1/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「8月下旬から初期馴致を開始し、4日ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致を進めていく上で、特に躓いた点はなく、何事に対しても興味を持って、真面目に取り組むことができていました。好奇心が勝って、物怖じしないタイプのようです。馬場に出るようになってからも、他馬が物見して立ち止まっている中、堂々と先陣を切ることができるので、先導役として大変に助かっています。ウッドコースやBTC坂路で見せるキャンターは、どっしりと力強く、乗り味はとても柔らかく、両手前ともにバランスの良い走りができています。常歩でのゆったりとした歩様も、明け2歳とは思えない脚取りで、好印象です。現在の馬体重は510kgです。」


△ ページの先頭へ戻る