ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキトゥインクルの17年産 美浦・大竹正博(予定) 青鹿毛 2歳(2017.4.3) 2017年産2歳募集馬
2019年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ヴィクトワールピサ
■母:タイキトゥインクル
■母の父:リアルシャダイ
■募集総額(万円):1,200
■口数:200
■一口出資金(円):60,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):493
■募集状況:募集中
2019/6/17
★暫定情報★6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、順調に乗り込みを進めることができています。コンスタントにスピード調教をこなしていますので、徐々に身体の使い方も変わっていき、前脚を振り出す時の首の使い方が非常に上手になってきました。この辺りはこちらで教えることができない部分なので、センスを感じますね。調教のペース・量は予定通り順調に進んでおり、心身ともに充実して好調です。調教が進むにつれ、性格が以前より前向きで、良い意味で牝馬らしい雰囲気を持って、気持ちを前面に出した走りができています。今後の成長がますます楽しみな1頭です。現在の馬体重は490kgです。」

2019/6/10
★暫定情報★6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「充実の一途を辿っており、調子を落とす様子も無く、力強いフットワークで滞りなく全ての調教を順調に消化できています。引き続き馬体とのバランスを見ながら、更に乗り込み量を増やしていく予定です。常に調教に前向きで、乗り手を選ぶようなネガティブなクセは無く、誰が乗ってもしっかりと集中して走れています。これは、実際のレースでも大きな武器ですし、心強いばかりです。身体面では、日々の調教でトモの筋肉量が増え、幅が出てきました。それにより、踏み込みがより深くなり、ハミにのめってくることもなくなったので、口向きもとても良くなりました。」

2019/6/03
★暫定情報★6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター1800m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTCでの調教を再開しています。水・土のBTCへの通い調教では、坂路でのキャンターのみ行う予定でしたが、元気が有り余る様子でしたので、水曜日の通いでは600mのダートコースで3周軽くキャンターで流してから坂路へ向かいました。ダートコースでも坂路でも、ガツンとハミに掛かるような感覚では無く、じわじわとこちらが力負けしていく感じで、終始手応え抜群のキャンターができています。心身両面で充実していることが乗っていても伝わってきますし、現状では特筆すべき課題なども無く、負荷を掛けられても馬体を減らすことなく、順調に調整ができています。現在の馬体重は493kgです。」

2019/5/27
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター2000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、ビッシリと負荷を掛けてきた身体を休める為、BTCでの調教は行わず、本場のウッドチップコースでの軽めキャンターのみで調整を行ってきました。週末には、鍼灸医師に馬体全体の痛みをチェックしてもらいましたが、そこまで痛んだ様子はなく、筋肉の柔らかさは維持できていました。僅かに反応のあった、背中の筋肉に、疲労回復を促進する為のアミノ酸の筋肉注射を行っています。その甲斐あってか、今日の調教では、いつになく前向きな様子で、自然と身体が動いているような印象を受けました。しっかりリフレッシュができたようなので、今週は通常通りの調教へ戻していきます。」

2019/5/20
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週2回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「恵まれた馬格と堂々とした佇まいで、キャンターには力強さが宿っています。前肢と後肢の動きが連動していて、かなりの運動エネルギーを持った走りで、とにかく一生懸命に調教に臨む姿には、とても好感が持てますね。他馬が寄って来た際などは、蹴りにいったりと、少々気が荒い面もありますが、基本的には乗り役に素直で従順ですし、そういう点でも距離の融通は利くと思いますし、負けん気の強さから来るものでしょうから、レースにもプラスに働くと思っています。先週は週2回のBTC坂路コースでの調教で、ビッシリと負荷を掛けましたので、今週は少し楽をさせる予定にしています。現在の馬体重は493kgです。」

2019/5/13
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「当場の600mウッドチップコースのチップを入れ替え、更に深くしましたので、かなりしんどい馬場になりましたが、他馬が深い馬場に苦戦している中、本馬は物ともしない様子で、キャンターをこなしています。掛かる負荷は確実に大きくなっていますので、さすがに調教後は汗をかいて疲れた様子を見せていますが、肢抜きが良く、後肢をしっかりと踏み込むことができているので、力のいる馬場でも走り方に影響しないのでしょう。引き続き、毛ヅヤも良く、栄養斑点も浮き出ています。体調は万全ですので、どんどん鍛えて行きます。」

2019/5/06
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「日々の調教でしっかりと汗をかいて、馬房ではゆっくりと休んで落ち着いて過ごすことができています。水もたっぷり飲みますし、飼葉の食い付きもよく、当たり前の生活サイクルですが、調教強度が上がってくると、特に牝馬は食欲が減退したり、イライラして落ち着きが無くなったりと、何かしら支障が出てくるものですが、本馬はそのようなことも無く、今日も淡々と調教をこなし、コンディションも常に高い位置でキープできています。現在の馬体重は485kgです。」

2019/4/29
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「こちらもかなり春めいてきて、日中はかなり暖かく感じますが、本馬も同様に春を感じ、成長ホルモンをどんどん生成、分泌している様子が、毛ヅヤや筋肉のハリから窺い知ることができます。冬毛が抜け落ちましたので、皮膚の感触も良く分かるようになってきたのですが、薄くしなやかな皮膚の下に、柔らかで上質な筋肉を備えていますね。坂路では、気の強いところが、良い方向に出ていますので、気持ちで走ることができるタイプでしょうか。」

2019/4/22
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場のウッドチップコースでのキャンター3000mをメインに、週2回のBTCへの通い調教では、600mダートコースでのキャンター3000mと坂路調教を使い分けて、負荷のメリハリをつけて、全身を鍛えながら身体をつくっています。ゲート練習は本番と同様の手順でこなすことができており、着々と初入厩への準備が出来上がっています。本番環境とは全然違いますが、ダートコースでは、砂を被せて、少しでも慣れるように進めて行きます。現在の馬体重は480kgです。」

2019/4/15
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬格があるので、ダイナミックな動きにばかりに目がいきがちですが、大きく踏み込むことができる、トモの可動域と出力、振り出しの良い前脚、そしてそれらを、連動した一つの動きで繋ぐための背中の筋肉、速く走る為の要素を、しっかり抑えた完成度の高い走行フォームをしています。物音に敏感な部分がありますが、馬に対しては怯みませんし、調教で見せる勝ち気な性格も、競馬に向いていそうですよ。馬格の成長はこの辺で落ち着きそうですので、引き続き、入厩へ向けて、しっかりと乗り込んで鍛えて行きます。」

2019/4/08
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「大竹正博調教師と、デビュー時期等含めて、今後の方針について検討した結果、暑くなる前の梅雨時期に名張へ移動し、2,3ヶ月かけて本州の気候に慣れさせてから、トレセンへ入厩という流れで進めて行こうという段取りになりました。心身のタフさをストロングポイントに、順調に成長を重ねてきていますので、移動後も大きく崩れることなく、進めていけると思います。BTCの坂路調教では、併走した馬を絶対に自分より前に行かせない、という気の強さが、ひしひしと感じられ、とても頼もしく思っています。その一方で、前に馬がいても我慢が効くので、賢いところも見せてくれています。レースで外から捲られたりすると、気合が入るタイプでしょうか。引き続き乗り込んで、より迫力ある馬体に仕上げていきます。」

2019/4/01
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月半ばから、本場での調教と週1回のBTC坂路での調教に加え、BTC600mダートコースでの調教も週1回の頻度で取り入れています。今までとは違う環境で、気持ちを新たに、調教に集中させる目的と、幅員が大きなコースで、少しペースを上げたキャンターを乗り込むことでの、持久力アップも図っています。一組ずつ順番に利用する坂路とは違い、他所の牧場の馬と共有して利用するコースですので、よりトレセンや競馬に近い環境での調教になっています。典型的な長躯短背で、伸びやかで品のある馬体に成長してきました。募集を開始した頃よりも、更に胸が深くなっており、立派な心肺機能が備わっていることが容易に想像できます。馬格もあるので、キャンターでは迫力ある走りを見せており、牡馬を交えた競争でも、馬込みで十分に対応できるであろう強さを感じます。15-15を切るペースでの調教をコンスタントに重ねて、攻めてきている中、馬体を維持しながら、成長もしている点から、心身共にタフなところが、今後の大きなストロングポイントとなっていきそうです。現在の馬体重は479kgです。」

2019/3/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「競走馬名が『デルニエエトワール(Dernier Etoile)』に決定しました。引き続き、ウッドチップコースでのキャンターと、週1回のBTC坂路コースでの調教で、負荷を掛けていっています。2月下旬からリフレッシュ期間を設けて、疲労の回復と、馬体の成長を促しています。期間は2週間ほどを予定しておりますので、今週の中頃にはリフレッシュを終えて、入厩へ向けた体力づくりを進めていく段取りを組んでいます。上半身、下半身共に、好バランスを維持したまま、順調に成長を見せています。15-15ペースの調教もコンスタントに行い、調教強度も上がっていますが、馬体重も増加していますし、依然ガッチリとした体型を維持できており、最近は横に立って曳いたり、手入れをしていると『ごついな・・・』と若干の圧迫感を感じるほどの身体つきになってきています。トモの幅も出てきており、丸みを帯びたフォルムで好感が持てます。精神的な成長も見られ、馬場に出だした時は、少し物見のリアクションが大きかったですが、最近は全然気にならなくなりました。現在の馬体重は476kgです。」

2019/2/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「1月中旬から、週一回、BTC坂路コースにて、1本目17-16ペース、2本目を15-15ペースでのキャンターを取り入れて調教を行っています。BTC坂路での調教を重ねていく中で、どんどん力を付けていっています。脚の運びに力強さが増し、一完歩ごとの推進力を強く感じるようになりました。首差しも太く成長してきて、乗り手も、力勝負ではもう勝てないほどに、パワフルな動きができています。性格面では、併走で燃えるタイプで、『勝負根性』や『粘り強さ』という類いのものをしっかり持ち合せています。筋骨隆々ながっちりとしたタイプですが、バランス感覚に優れた、しなやかなキャンターが、成長過程でも維持できています。現在の馬体重は470kgです。」

2019/1/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月下旬から初期馴致を開始し、1週間ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致段階では、何事も無くスムーズに進めることができ、人を乗せても、バランスの良いキャンターができていました。馬場に出て、ウッドコースを回るようになると、柔らかでストライドの大きいキャンターが、より際立って見え、力強い脚取りに頼もしさを感じます。背中は広く、筋肉の伸縮をはっきりと感じ取ることができ、これが大きなストライドと、力強さを生み出しているのでしょう。当然、パワー一辺倒という訳でもなく、脚捌きは柔らかく、上下のブレもほとんど無いので、キレのある走りも期待できる点も好印象です。現在の馬体重は469kgです。」


△ ページの先頭へ戻る