ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキトゥインクルの17年産 美浦・大竹正博(予定) 青鹿毛 2歳(2017.4.3) 2017年産2歳募集馬
2019年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ヴィクトワールピサ
■母:タイキトゥインクル
■母の父:リアルシャダイ
■募集総額(万円):1,200
■口数:200
■一口出資金(円):60,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):479
■募集状況:募集中
2019/4/15
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬格があるので、ダイナミックな動きにばかりに目がいきがちですが、大きく踏み込むことができる、トモの可動域と出力、振り出しの良い前脚、そしてそれらを、連動した一つの動きで繋ぐための背中の筋肉、速く走る為の要素を、しっかり抑えた完成度の高い走行フォームをしています。物音に敏感な部分がありますが、馬に対しては怯みませんし、調教で見せる勝ち気な性格も、競馬に向いていそうですよ。馬格の成長はこの辺で落ち着きそうですので、引き続き、入厩へ向けて、しっかりと乗り込んで鍛えて行きます。」

2019/4/08
★暫定情報★5~6月中に名張へ移動、8月頃入厩予定

先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「大竹正博調教師と、デビュー時期等含めて、今後の方針について検討した結果、暑くなる前の梅雨時期に名張へ移動し、2,3ヶ月かけて本州の気候に慣れさせてから、トレセンへ入厩という流れで進めて行こうという段取りになりました。心身のタフさをストロングポイントに、順調に成長を重ねてきていますので、移動後も大きく崩れることなく、進めていけると思います。BTCの坂路調教では、併走した馬を絶対に自分より前に行かせない、という気の強さが、ひしひしと感じられ、とても頼もしく思っています。その一方で、前に馬がいても我慢が効くので、賢いところも見せてくれています。レースで外から捲られたりすると、気合が入るタイプでしょうか。引き続き乗り込んで、より迫力ある馬体に仕上げていきます。」

2019/4/01
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m 、週1回BTC600mダートコースにてキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月半ばから、本場での調教と週1回のBTC坂路での調教に加え、BTC600mダートコースでの調教も週1回の頻度で取り入れています。今までとは違う環境で、気持ちを新たに、調教に集中させる目的と、幅員が大きなコースで、少しペースを上げたキャンターを乗り込むことでの、持久力アップも図っています。一組ずつ順番に利用する坂路とは違い、他所の牧場の馬と共有して利用するコースですので、よりトレセンや競馬に近い環境での調教になっています。典型的な長躯短背で、伸びやかで品のある馬体に成長してきました。募集を開始した頃よりも、更に胸が深くなっており、立派な心肺機能が備わっていることが容易に想像できます。馬格もあるので、キャンターでは迫力ある走りを見せており、牡馬を交えた競争でも、馬込みで十分に対応できるであろう強さを感じます。15-15を切るペースでの調教をコンスタントに重ねて、攻めてきている中、馬体を維持しながら、成長もしている点から、心身共にタフなところが、今後の大きなストロングポイントとなっていきそうです。現在の馬体重は479kgです。」

2019/3/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「競走馬名が『デルニエエトワール(Dernier Etoile)』に決定しました。引き続き、ウッドチップコースでのキャンターと、週1回のBTC坂路コースでの調教で、負荷を掛けていっています。2月下旬からリフレッシュ期間を設けて、疲労の回復と、馬体の成長を促しています。期間は2週間ほどを予定しておりますので、今週の中頃にはリフレッシュを終えて、入厩へ向けた体力づくりを進めていく段取りを組んでいます。上半身、下半身共に、好バランスを維持したまま、順調に成長を見せています。15-15ペースの調教もコンスタントに行い、調教強度も上がっていますが、馬体重も増加していますし、依然ガッチリとした体型を維持できており、最近は横に立って曳いたり、手入れをしていると『ごついな・・・』と若干の圧迫感を感じるほどの身体つきになってきています。トモの幅も出てきており、丸みを帯びたフォルムで好感が持てます。精神的な成長も見られ、馬場に出だした時は、少し物見のリアクションが大きかったですが、最近は全然気にならなくなりました。現在の馬体重は476kgです。」

2019/2/04
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「1月中旬から、週一回、BTC坂路コースにて、1本目17-16ペース、2本目を15-15ペースでのキャンターを取り入れて調教を行っています。BTC坂路での調教を重ねていく中で、どんどん力を付けていっています。脚の運びに力強さが増し、一完歩ごとの推進力を強く感じるようになりました。首差しも太く成長してきて、乗り手も、力勝負ではもう勝てないほどに、パワフルな動きができています。性格面では、併走で燃えるタイプで、『勝負根性』や『粘り強さ』という類いのものをしっかり持ち合せています。筋骨隆々ながっちりとしたタイプですが、バランス感覚に優れた、しなやかなキャンターが、成長過程でも維持できています。現在の馬体重は470kgです。」

2019/1/07
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドコースで軽めキャンター2000m 、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「9月下旬から初期馴致を開始し、1週間ほどで馬場での乗り運動を開始しています。馴致段階では、何事も無くスムーズに進めることができ、人を乗せても、バランスの良いキャンターができていました。馬場に出て、ウッドコースを回るようになると、柔らかでストライドの大きいキャンターが、より際立って見え、力強い脚取りに頼もしさを感じます。背中は広く、筋肉の伸縮をはっきりと感じ取ることができ、これが大きなストライドと、力強さを生み出しているのでしょう。当然、パワー一辺倒という訳でもなく、脚捌きは柔らかく、上下のブレもほとんど無いので、キレのある走りも期待できる点も好印象です。現在の馬体重は469kgです。」


△ ページの先頭へ戻る