ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキフォース 栗東・牧浦充徳 栗毛 3歳(2018.5.10) 2018年産1歳募集馬
2020年7月_ビクトリーホースランチ名張分場
■父:スピルバーグ
■母:アッシュベリー
■母の父:Any Given Saturday
■募集総額(万円):2,000
■口数:200
■一口出資金(円):100,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
■現在の馬体重(Kg):472
■募集状況:募集終了
2020/8/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「疝痛は大事に至らず、現在は暑さにも負けず元気いっぱいの様子です。先週後半から通常通りの調教内容に戻しており、パワフルな走りで調子の良さがうかがえます。兄のタイキフェルヴールは暑さにやられ気味ですが、本馬はそのような様子は一切なく、夏場の競馬でもいつも通りの力が発揮できそうですね。今週から強目調教を再開する予定ですが、気温と相談して実施の可否を判断していきます。」

2020/8/03
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週も順調に乗り進めてきましたが、7/31(金)に疝痛を発症し、週末はポリトラックコースでのハッキング運動のみで調整しています。疝痛を起こしやすいようなので、水をしっかり飲んでいるかの確認や、飼料のバランスなど、より一層気を付けてやっていきます。今回も程度は軽く、本日からキャンターを開始しています。2日ほど様子を見て問題がなければ、坂路調教を再開していきます。」

2020/7/27
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「暑さにも慣れてきて、馬体にも余裕が見られるので、7/22(水)に坂路コースで強目調教を行っています。単走で特に扶助は使わずとも15-14-13と3ハロンを尻上がりにタイムを詰めて登坂することができています。現在の馬体重は490kgで、暑い中乗り込んでいながらも490kg弱の馬体重をキープし続けています。トモもパンと張ってきて、坂路での力強い走りも納得できる馬体に成長してきています。引き続き、暑さでの体調不良などには気を付けながら調教を積んでいきます。」

2020/7/20
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は坂路コースでの調教を再開し、乗り込みを進めています。現在、馬体重は486kgで、こちらに来た時と変わらない馬体重ですが、中身はかなり変わってきましたよ。乗り込んでいる中で馬体を維持できているので、緩さがなく締まった好馬体に成っています。久しぶりの坂路では、前に突っ込んだ走りではなく、起きた走りが出来るようになっており、しっかりと後肢の推進を活かした走りができていました。教えたことを吸収して身に付けてくれたようです。引き続き、初入厩に向けてトレーニングを続けていきます。」

2020/7/13
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は連日の雨により馬場状態が芳しくなく、7/8(水)以降は坂路コースは使わずに、ポリトラックコースでのキャンターのみで調整してきました。この時間を利用して、普段より長い時間角馬場でフラットワークをこなし、身体の使い方やハミ受けなどの改善に注力しました。前に突っ掛かるような走りになってきており、さらにのめるようになると前肢への負担にも繋がるので、もう少し身体を起こして走れるように矯正する時間に充てました。上半身下半身で比較すると、どうしてもまだ下半身の力が弱いので、普通に乗っていてはどんどん前輪駆動になってきます。今までも強目調教の翌日などに時間を取ってやってきましたが、今回はじっくりと乗り込めるいい機会となりました。次の坂路での走りが楽しみです。」

2020/7/06
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「だいぶキ甲も抜けてきて、縦に伸びる成長は落ち着いてきています。首差しが徐々に逞しくなってきて、ますますパワー系になってきました。肩回りやトモの筋肉は変わらずしっかりとボリュームを維持できており、縦への成長が収まってきた分、次はこの辺りに幅が出てくるようになってくると思います。対して背肉に関してはやや寂しく映りますので、ここの肉付きが良くなってくると、馬体に関しては文句なしのバランスになってきますね。緩めずにじっくりと乗り込んできていますが、腹回りには余裕を感じますので体力面も心配なさそうですね。」

2020/6/29
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「引き続きポリトラックコースでのキャンターと坂路調教1本で調整を続けています。スピード面体力面の両面で、今の調教内容でかなり余裕があるようで、調教中に遊ぶようになってきました。少しピリッとさせて普段の調教に集中させるために、6/24(水)に3歳馬と併せて坂路調教を行っています。自ら馬体を併せに行って、かなり気合乗りしている様子でした。併せた後は2,3日集中した走りができていたので、定期的に併せ馬での調教を取り入れていきます。根っからの競走馬ですね。デビューまではまだもう少し時間がありますので、じっくり乗り込んで鍛えていきます。」

2020/6/22
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「暑さに対しての馬体維持のために、先週から坂路コースでのキャンターの本数を1本に減らして調整を続けています。全体的に馬体に厚みが出てきており、日々のトレーニングの成果が目に見える形で表れてきています。特に首差しと肩回りから前腕にかけて、上半身の成長が目に付きます。日々の変化は微々たるもので気づきにくいですが、こちらに来た当初と比較して、手綱を束ねる位置がハミから少し遠くなってきているので、前後に伸びてきているようですね。夏を越して涼しくなってくるころには、また大きな成長を見せてくれていることでしょう。」

2020/6/15
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「順調に調整を進めることができています。先週6/13(土)には15-15ペースの坂路調教も開始しており、惰性ではなくトモをしっかり使って、一完歩ごとに推進を生み出すキャンターができています。馬体重は492kgで、暑さにも負けず馬体は充実の一途を辿っています。後躯が勝っていて、まだ緩さもあるので、仕上がりにはもう少し時間が掛かりそうですが、現段階でのコンディションとしては最高の状態です。早期入厩が理想ですが、馬の成長も鑑みて、牧浦充徳調教師とは、夏を越して涼しくなった段階で入厩時期について詰めた話をしていくことになっていますので、引き続きしっかり負荷を掛けて乗り込んでいきます。」

2020/6/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター3000m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「前回は、疝痛により運動を落としていましたが、先週頭からポリトラックコースでのキャンターを再開し、6/5(金)から坂路コースでのキャンターも2本に増やして調整しています。少し休んだ分、かなり元気を余している様子でしたが、そのエネルギーのほとんどを調教に向けてくれたので、とても充実したトレーニングを積むことができました。まだ性格は幼く、集中力が散漫になることもありますが、うまく噛み合った時の動きは目を見張るものがありますね。オープン馬との比較は酷ですが、両馬とも乗ってみた上で、兄のタイキフェルヴールのパワーの7割程度は現時点で有しているので、今後の成長を考えると活躍に期待が持てますね。」

2020/6/01
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は、様子を見て坂路コースでのキャンター2本まで進める予定にしていましたが、5/27(水)に疝痛を発症したため、以降は騎乗調教は行わず、ウォーキングマシーンでの運動のみで療養しています。5/29(金)の朝には症状は解消しており、先週末の段階でだいぶ元気も出ていましたので、今朝から乗り運動を開始しています。馬体は488kgで見た目にも数字でも維持できていますし、午後からの様子を見ても大丈夫そうなので、明日からはポリトラックコースでのキャンターから再開していきます。」

2020/5/25
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路コースでキャンタ1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「移動後は体調を崩すことなく、スムーズに立ち上げが進み、5/21(木)から運動を開始しています。角馬場での乗り運動から始め、現在はポリトラックコースでのキャンター2000mと、坂路調教1本で調整しています。しっかり地面を捉えた推進のある走りで、身体も大きく使った良いキャンターができています。今朝の馬体重は486kgですので、輸送で減った分はほとんど取り戻していますね。暑さにやられてヘバるところも見せませんし、タフな精神力を持っています。今週前半は同様の調教内容で進めて様子を見て、状態を維持できていれば後半からは坂路調教2本に増やして乗っていきます。」

2020/5/18
★5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は移動を控えていたので、ウッドチップコースでのキャンターのみで調整されており、5/14(木)に浦河を出発して、5/16(土)にこちらへ到着しています。到着時の馬体重は470kgです。想定の範囲内での減量ですので、問題ありませんね。馬体を見て、兄のタイキフェルヴールの若駒のときと似ているな、というのが第一印象です。腰高でトモがちょっと流れ気味なところや、首付きなど、共通点が多いですね。これは兄同様に今後の成長で大きな馬格を手に入れることになりそうです。食欲の減退や体調不良は見られず、元気に過ごしており、先に来ている牡馬2頭と、馬房越しにコミュニケーションを取っています。今日はウォーキングマシーンでの運動のみで長旅の疲れを癒して、週末辺りにはポリトラックコースでのキャンターを開始できるように進めていく予定にしています。」

2020/5/11
★5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動を予定しています

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、5/6(水)にBTC坂路での調教を行っています。前回、かなり強目の内容で乗っていますので、先週の坂路では1,2本目を3F-60秒程度で、3本目は15-15ペースまでに控えて乗っています。前回の強目調教での記憶が残っていますので、かなり行く気になっていましたが、なんとか前の馬を壁にして収まりはついています。体力も気力も充実しており、強目の調教後もハツラツとしています。馬体重は現在490kgで、13-13ペースの調教をこなしたにもかかわらず、しっかり維持できています。牧浦充徳調教師からの要請を受けて、5/14(木)に、ビクトリーホースランチ名張分場への移動を予定していますので、今週は本場のウッドチップコースでのキャンターのみで進めていきます。」

2020/5/04
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター3本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は調教内容に変化はなく、ウッドチップコースでのキャンターと週1回のBTC坂路コースでのキャンター3本を乗り込んでいます。BTC坂路へは4/29(水)に通っており、1,2本目を3ハロン60-55秒程度のキャンター、3本目を13.4-13.5-12.4の3ハロン39.3秒の時計で走破しています。入りの時計も13秒台で優秀な加速力を示してくれましたし、終いの1ハロンで更に時計を詰めて、十分な余力があることも分かりました。乗り役も手を動かしたり、余計なことはせず馬なりでこれだけ動けていますから、目一杯の走りをしたときの動きが楽しみですね。ゲート練習も継続して行っており、音を立てて勢いよく扉が開いても、臆することなく速歩での発進ができています。今後もゲート練習は続けていき、発進の反応を磨いていきます。」


△ ページの先頭へ戻る