ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキキララの16年産 栗東・寺島良(予定) 栗毛 2歳(2016.2.29) 2016年産2歳募集馬
2018年6月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:ディープブリランテ
■母:タイキキララ
■母の父:キングヘイロー
■募集総額(万円):1,500
■口数:400
■一口出資金(円):37,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):490
■募集状況:満口
2018/6/25
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「坂路では迫力のある走りで抜群の動きを見せてくれていますが、本場での調教では、坂路の時と比較すると、少しもっさりとした雰囲気が出てきます。身体はしっかり使えていますので全く問題ありませんが、気持ちの面でオンオフを切り替えることができ、本番で自ら気合を入れて、力が出せるタイプのようです。」

2018/6/18
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20-20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路での調教では、他馬とは一線を画した、モニター越しでも迫力の伝わるキャンターを見せてくれています。全身を使った伸びのある走りと、前の馬を追い掛ける気合も十二分に持ち合せており、馬群を割って来るだけの根性も備えています。姉フェリーチェとはまた違ったレース展開で楽しませてくれそうです。」

2018/6/11
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「身体が成長するに従って、背中が広くなってきており、とても安定したキャンターをするようになっています。鞍越しに背中の筋肉の動きが分かるほど、身体を伸ばして走ることが出来ていますので、それが、効率良く前方へのエネルギーを生み出す、本馬のキャンターへと繋がっているようです。長所を伸ばしながら、調教を続けていきます。」

2018/6/04
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20-20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「姉フェリーチェと同じく、食べることが大好きで、食べたものはしっかりと身に付けることができています。環境の変化などで飼い食いが落ちる心配もないので、安心して調教を進めることができます。まだ少し余裕のある馬体になっていますので、これが絞れてくれば、一段と動きが良くなって来るでしょう。」

2018/5/28
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場のウッドチップコースにて乗り込みを続けています。調教に対する集中力が増してきて、心身共に充実して過ごすことができています。ゲート練習はすんなり入って、隣に他馬がいても落ち着いて駐立できていますし、前扉を開ければ、反応良く出ることができていますので、トレセンへ入厩後も苦労することはないと思います。」

2018/5/21
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「高負荷の調教の後、想定の範疇に収まる程度で、疲労と動きの硬さが出ましたが、先週一杯、負荷を落とした調教の中で、腰から臀部、後肢にかけて、重厚な、かつ柔らかい筋肉に超回復しました。重心を低く落とし、後肢から生まれる推進で、力強く前脚を踏み出す綺麗な走行フォームに磨きが掛っています。」

2018/5/14
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先日、前肢に施した装蹄がしっかりと馴染んできましたので、先週はBTC坂路コースにて15-15ペースでの調教を2本行いました。古馬でも息ができていない内は堪えるような、ハードな内容の調教でしたが、2本ともきっちりペースを維持して登ってくることができました。良い負荷が掛けることができたので、今週は少し楽をさせる予定です。」

2018/5/07
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、この時期の高負荷な調教をこなし、フォルムもどんどん大人びてきています。先週に前肢のみ蹄鉄を装蹄しましたが、それによって更にダイナミズムが増したキャンターをするようになりました。ゲート練習では、前扉が閉まった状態で入り、後扉を閉じての駐立が、難なく出来るところまで進んでいます。5/1(火)計測の馬体重は485kgです。」

2018/4/30
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「デビューへ向けて、着々と調教の負荷が上がってきていますが、ここまで調教による痛みや、体調不良などで、休んだりすることなく、順調に進めてくることができています。それもひとえに、豊富な筋肉量と、何事にも動じない、精神的なタフさが身に付いているからこそだと感じています。愛らしい見た目とは裏腹に、内に秘めたる闘争心で、最後の直線で馬群をこじ開けてくる様子が、今から目に浮かびます。」

2018/4/23
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター1本、15-15のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTC坂路コースにて15-15ペースの調教を開始しました。いわゆる“持ったまま”で勾配5%の坂を物ともせず、軽々と加速することができています。馬格は一般的ではありますが、後肢を深く踏み込むことができるので、結果前脚を大きく前に踏み出すことが可能となり、スムーズな加速と、パワーを両立させているのだと思います。」

2018/4/16
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「線が太く、引き締まった筋肉で、見るからに最大出力の大きそうな好馬体です。母タイキキララは、少し硬さのある芝には不向きなキャンターでしたが、本馬は力強くも柔らかいキャンターをしています。姉フェリーチェも早い段階で勝ち上がっているように、産駒には高い能力が受け継がれているようです。」

2018/4/09
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドチップコースとBTC坂路コースで乗り込みを続けています。後肢の蹴りを推進力とした、全身を使ったキャンターができている為、背中が広くなって安定感が増してきました。全体のバランスも均整が取れてきており、現在の馬格で落ち着きそうな印象です。現段階では芝ダート共にこなしそうな走りです。」

2018/4/02
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教を行っており、それに加え、ゲート練習も開始しました。先月の後半から、BTC坂路調教でのペースを3ハロンで53〜52秒に引き上げたのですが、最も大きな変わり身を見せた内の一頭が本馬です。重心をグッと低くして、普段の穏やかさからは想像できないような迫力で駆け上がる様は、肉食動物の走りに近いものがあるように感じました。ギアチェンジができる馬は、実際のレースでも競馬に幅が出ますし、良い資質を隠し持っていたな、という印象です。肩周りと腰から臀部にかけての筋肉は、一段と大きく発達して、牡馬らしい見栄えのする身体付きになってきました。現在の馬体重は484sです。」

2018/3/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて20−18のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教で走る楽しさを教えています。他馬が馬運車に乗ることに慣れる前から、本馬は率先して乗り込んでいました。素直であると同時に、馬運車に乗る=BTCに行って思いっきり走れる!ということが理解できる賢さも備えているようです。BTC坂路での調教では、従順でリズムの良い走りをするので、乗り役も“タイム感覚が取り易いし、何より乗り易い”と言っていました。カイバもモリモリと食べますので、これから暖かくなって来ると、もう一段階大きくなると見込んでいます。現在の馬体重は481sです。」

2018/2/15
タイキキララの16年産の競走馬名が決まりましたのでお知らせいたします。
想いがこめられた素敵な馬名をご応募いただき、誠にありがとうございました。
たくさんご応募いただいた中から、協議の結果、下記のとおり決定させていただきました。
デビューの日を心待ちにしていただくと共に、温かくお見守りいただければ幸いです。

【競走馬名】タイキマイスター / Taiki Meister(独)
      冠名+名人・達人。英語のMy Starを掛け合わせて


△ ページの先頭へ戻る