ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
リンクスオブタイムの15年産 栗東・大久保龍志(予定) 栗毛 2歳(2015.3.20) 2015年産2歳募集馬
2017年10月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:パイロ
■母:リンクスオブタイム
■母の父:ジェイドロバリー
■募集総額(万円):1,800
■口数:400
■一口出資金(円):45,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):506
■募集状況:募集終了
2017/12/11
★12/11(月)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ向け移動しています。

先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F43〜45のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回のBTCへの通い調教を進めています。この中間に、本馬を管理される予定の大久保龍志調教師へ状態を報告したところ『強め調教も順調に消化することが出来ているようですね。今後は本州へ移動させ、そちらで入厩に向けた調教を進めていってください』とのことでしたので、本日11日(月)にビクトリーホースランチ名張分場へ向け出発しており、13日(水)に名張分場へ到着する予定です。本馬の状態やクセ等の情報の共有はしっかりと出来ていますので、輸送後も体調面で気になるところが特にければ、徐々に乗り出していって貰います」

2017/12/04
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F43〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から強め調教をメニューに取り入れています。一息入ったとはいえ、調教を再開してからは順調に乗り込むことが出来ていましたので、久々の強め調教でもしっかりと走り切ることが出来ており、調教後の息遣いも良好です。また、調教ペースを上げたことで集中力が増して来たからか、BTCへの行き帰りも終始落ち着いており、チャカチャカする面は一切見られません。今週も順調にメニューを消化することが出来るようであれば、本馬を管理される予定の大久保龍志調教師へ連絡し、本州への移動を考えていきます」

2017/11/27
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F54〜57秒キャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTCへの通い調教を週2回に増やして調整しています。調教量を上げてからも飼葉をしっかりと食べることが出来ていますので、馬体重が減るようなことはありませんが、しっかりと乗り込んでいることで馬体が徐々に引き締まって来ています。この中間に、本馬を管理される予定の大久保龍志調教師へ状態を報告したところ『肢元の状態は落ち着いたようですね。引き続きそちらで乗り込みを進めて貰い、コンスタントに強め調教を消化することが出来ようになれば、本州へ移動させてください』とのことでした。調教を進めていることで状態は確実に上向いて来ていますので、今週は更にペースを上げていこうと思います」

2017/11/20
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週1回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F60〜63秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「予定通り先週からBTCへの通い調教を再開しています。久々のBTCでの調教ということもあり、坂路馬場への行き帰りは終始テンションの高い面を見せていましたが、調教中は落ち着いて走ることが出来ていましたので、こちらの環境に慣れれば調教場への道中もリラックスすることが出来るでしょう。今回の通い調教からも、このまま乗り込みを進めていくことが出来るということを確認することが出来ましたので、今週からはBTCへの通い調教を週2回に増やしていきます」

2017/11/13
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を徐々に増やしており、週末にはキャンター3600mまで進めることが出来ています。コンスタントに乗り込んでいることで動きの重さが徐々に解消されて来たことで、以前のように身体を大きく使って走ることが出来ていますし、調教を進めていることで体調面でも良化して来ています。またそれと共に、馬体の張りも戻って来ていますので、更なる良化を促すため、今週からはBTCへの通い調教を再開しようと考えています。ただ、乗り出しを再開してからそれ程時間が経っていませんので、BTCでも強め調教はまだ行わず、まずは動きの確認から進めていきます」

2017/11/06
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター1200m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週半ば頃までは角馬場での軽め運動に留めていましたが、跨った際に見られた左前肢を気にするような素振りを見せなくなりましたので、週の後半からはウッドチップコースでのキャンターを進めています。今のところ、調教ペースを上げてからも歩様の乱れは見られず、しっかりとした脚捌きを見せていますので、様子を見ながら徐々に負荷を強めていきます」

2017/10/30
先週の調教メニュー
ロンジング運動後、角馬場にて軽め運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「予定通り、先週から角馬場での軽め運動をメニューに取り入れています。跨ってすぐは、左前肢を気にするような素振りを見せますが、運動を進めると身体を大きく使って走ることが出来ており、歩様の乱れは見られませんので、それ程気にする必要はないでしょう。ただ、本馬自身が左前肢を気にしている内は調教ペースを上げる訳にはいきませんので、今週も焦らず様子を見ながら調教を進めていきます」

2017/10/23
先週の調教メニュー
ウォーキングマシン運動後、ロンジング運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週の前半まではウォーキングマシン運動のみで様子を見ていましたが、肢元の状態は変わらず良好だったことから、週末からロンジング運動をメニューに取り入れています。一息入りましたので動きの硬さは感じられましたが、動きを見ている限りでは左前肢を庇う仕草等は見られませんでしたので、このまま調教を進めていっても大丈夫でしょう。今週もロンジング運動を進めていき、問題ないようであれば乗り運動もメニューに取り入れていきます」

2017/10/16
先週の調教メニュー
ウォーキングマシン運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からウォーキングマシン運動を進めており、調教を開始してからも歩様の乱れは見られず、左前肢に熱を持つことはありません。運動を控えていたことで飼葉量を調整していましたので、乗り込んでいた時よりも馬体重は若干減り、筋肉量も少し落ちていますが、乗り込みを再開すればすぐに元に戻ると思いますので、それ程気にする必要はないでしょう。今後も状態を見ながら焦らず進めていきます」

2017/10/09
ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もパドック放牧で様子を見ています。2週間ほどゆっくりさせていたことで歩様の乱れは解消されましたので、先週末に獣医師による最終チェックを行った結果、軽め運動から進めていくようにとのことでした。もともと、肢元以外で気になるところは特にありませんでしたので、今週からはロンジング運動等の軽め運動を進めていき、動きを見ながら乗り運動へとペースを上げていこうと思います」

2017/10/02
ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「調教を休ませていることで左前肢の歩様の乱れは徐々に解消されて来ていますが、まだ完調とは言えませんので、先週もパドック放牧のみで様子を見ています。この中間に行った獣医師による検査でも、骨や腱に異常は見られないとのことでしたので、歩様の乱れが解消されればすぐにでも調教を再開することが出来そうです。ただ今回の跛行は、目に見えない疲れが原因かも知れないとのことでしたので、調教再開後は今まで以上に馬体・肢元のケアを徹底していきます」

2017/9/25
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週の前半はしっかりと乗り込むことが出来ていましたが、21日(木)に馬房から出した際に、左前肢の歩様にやや乱れが見られたためすぐに獣医師による検査を行いました。検査の結果は跛行とのことで、レントゲン検査やエコー検査では異常は見られませんでしたが、歩様の乱れが解消されるまでは調教を控えるようにとのことでしたので、週の後半からはパドック放牧で様子を見ています。BTC調教を再開出来るだけの状態に戻りつつあっただけにとても残念ですが、歩様が乱れている以上調教を進める訳にはいきませんので、しばらくはパドック放牧で様子を見ていきます」

2017/9/18
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は乗り込み量を更に増やして調整しています。ウォーミングアップ時は、まだ若干動きの硬い面が見られますが、入念に身体をほぐしてからウッドチップ馬場での調教を行うことで、キャンター時は身体を大きく使って走ることが出来ています。今週一杯はこのままのメニューで乗り込んでいき、ウォーミングアップ時も動きの硬い面を見せなくなったところで、BTCへの通い調教を再開しようと思います」

2017/9/11
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター1800m〜2400m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からビクトリーホースランチ本場ウッドチップ馬場での乗り込みを進めています。久々にコースでのキャンターを行ったということもあり、動きの硬さが若干感じられましたが、トモの踏み込みは良好でしたし、今のところ息遣いも整っていますので、このままコンスタントに乗り進めていけばすぐに解消されるでしょう。走れることが嬉しいようで、テンションの高い面を見せるなど、BTCへの通い調教を再開するまでにはもうしばらく時間が掛りそうですが、調教ペースを上げてからも脚元の状態は落ち着いていますので、この後もしっかりと調教を進めていき、まずは1日でも早く良かった頃の状態にまで戻したいと思います。現在の馬体重は535sです」

2017/9/04
先週の調教メニュー
ロンギ場にてロンジング運動後、角馬場での軽め乗り込み

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も角馬場での軽め乗り込みを進めています。この中間に、本馬を管理される予定の大久保龍志調教師が来場し、状態を確認され『以前よりも立派な身体つきに成長していますね。歩様を見る限りでは、右前肢種子骨炎の状態は問題ありませんし、触診でも気にする素振りを全く見せていませんので、状態を見つつ調教ペースを上げていってください』とのことでした。大久保調教師にも肢元の状態を確認していただけましたので、当初の予定通り、今週から乗り込み量を増やしていきます」


△ ページの先頭へ戻る