ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
アッシュベリーの16年産 美浦・高木登(予定) 栗毛 2歳(2016.3.25) 2016年産2歳募集馬
2018年4月_ビクトリーホースランチ浦河本場
■父:タイキシャトル
■母:アッシュベリー
■母の父:Any Given Saturday
■募集総額(万円):1,000
■口数:400
■一口出資金(円):25,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):498
■募集状況:募集終了
2018/4/16
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「楽しそうに走っている、というのが、調教での本馬のキャンターを見て、率直に感じるものです。本場での調教は、同じコースを何周も回りますので、馬によっては、飽きてきて集中力を欠くこともあるのですが、本馬はそのようなこととは無縁で、走ることに喜びを感じている様子で、根っからの競走馬であることを見せてくれています。」

2018/4/09
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、本場ウッドチップコースとBTC坂路コースで乗り込みを続けています。傾斜を物ともしない溢れるパワーで、坂路コースでの調教をこなす本馬には、スケールの大きさを感じます。部位を各々で見れば十分に発達していますが、全体のバランスには僅かながら幼さがありますので、もう一回りほど大きくなりそうです。」

2018/4/02
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて18−17のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き本場での調教をメインに、週一回のBTCへの通い調教を行っており、それに加え、ゲート練習も開始しました。BTCへの通い調教が他馬と少し遅れましたが、今では調教メニューも追い付いて、追い越そうかという勢いです。先日BTC坂路コースのモニタールームで、他牧場の方から『あの男馬、迫力あるねぇ。』なんて声を掛けられました。馬格があるだけでなく、馬体も筋骨隆々に仕上がってきていますので、確かに客観的に見ると牡馬に見えるかも知れません。かと言って、大味なキャンターでは無く、パワフルかつリズミカルな走りがストロングポイントと言えると思います。現在の馬体重は498kgです。」


2018/3/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて22−20のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月よりBTCでの通い調教をスタートしています。初めてBTCに通った日は、姉兄同様に坂路までの道のりで何度も物見をしていましたので、“今日はゆっくり上がって場所に慣れさせよう”程度に考えていました。いざ、坂路を駆け上がると、まるで戦場を駆けるかのような、闘志と生命力に溢れる走りを見せてくれました。私や乗り役が驚いている中、ケロッとした表情を見せる本馬は、既に大物感を漂わせており、牝馬らしからぬ大きくたくましい馬体は、父であるタイキシャトルを彷彿させます。とはいえ、まだ2歳になりたての女の子ですので、急がずゆっくりと走る楽しさを教えていきたいと思います。現在の馬体重は514kgです。」

2018/2/15
アッシュベリーの16年産の競走馬名が決まりましたのでお知らせいたします。
想いがこめられた素敵な馬名をご応募いただき、誠にありがとうございました。
たくさんご応募いただいた中から、協議の結果、下記のとおり決定させていただきました。
デビューの日を心待ちにしていただくと共に、温かくお見守りいただければ幸いです。

【競走馬名】ピアレジーナ / Pia Regina(伊)
      信心深い女王の意

2018/2/05
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「BTCでの調教を開始する為に、昨年12月から、本場での調教後に馬運車にのる練習を根気よく進めています。本馬は間もなくBTCへの通い調教を開始する予定にしておりますが、これまでの姉兄達も同様の大型馬であり、無理をしないで取り組んで来た実績から、本馬も長い距離を乗り込む調教を中心に進められています。腰の位置が高く、かつメリハリボディに変身してきていますので、走る姿はダイナミックさに溢れています。現在の馬体重は510sです」

2018/1/08
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2400〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「昨年10月に始めた馴致を順調に終え、11月からはビクトリーホースランチ浦河本場にて1日2400m〜3000mの距離を乗り込みながら今後のBTCへの通い調教に向けての基礎体力を養っています。以前は大型馬でお腹周りもコロンとしていましたが、調教を進めていくにつれて徐々に締まりが出て来て、馬体をスッキリと見せており、この時期としてはメリハリのついた身体つきをしています。調教の動きでも、気になるところは特にありませんが、馬体が大きい分、脚元に疲れが来ないように十分気をつけながら乗り込みを進めていこうと考えています。現在の馬体重は515sです」


△ ページの先頭へ戻る