ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
タイキエイワンの15年産 美浦・上原博之(予定) 栗毛 2歳(2015.3.6) 2015年産2歳募集馬
■父:ハードスパン
■母:タイキエイワン
■母の父:フサイチコンコルド
■募集総額(万円):2,000
■口数:400
■一口出資金(円):50,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):510
■募集状況:募集終了
2017/7/24
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター2400m〜3000m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もBTCへの通い調教こそ行っていませんが、本場ウッドチップ馬場でコンスタントに乗り込まれています。負荷は徐々に強めていますが、気持ちの面での余裕からか馬体重は順調に増加しており、フックラとした身体つきを見せています。ただ、今後BTCでの強め調教を再開すれば馬体はすぐに引き締まりますので、今は余裕を持たせたままでも大丈夫でしょう。今週一杯は本場での乗り込みを進め、来週以降からBTCへの通い調教をメニューに取り入れていきます」

2017/7/17
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター1200m〜1800m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は緩急を付けるためBTCへの通い調教は行わず、ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場での調教に留めています。調教量を落としたことで、馬体・気持ちの面共にリフレッシュすることが出来ているようで、馬体の張りが更に増しています。今週も本場での調教に留めますが、乗り込み量は徐々に増やしていき、再度負荷を掛けた調教を行うための準備を進めていきます」

2017/7/10
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も順調に乗り込まれています。ここ最近は、北海道でも気温の高い日が続いていますが、体調を崩すことはありませんし、飼葉食いが落ちることもありません。また、乗り込みつつも馬体重は増加していますが、負荷を掛けた調教をコンスタントに行っていることで引き締まった馬体を維持することが出来ていますので、成長分と見て良いでしょう。ここまで調教自体は休まず乗り込まれていますので、今週はオーバーペースにならないよう一息入れようと考えています」

2017/7/03
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTCへの通い調教を週2回に戻すと共に、直線2000m芝馬場での乗り込みもメニューに取り入れています。久々の芝馬場ということもあり、スタート直後は乗り手が抑えるのに苦労するほどの手応えを見せていましたが、我慢するように促すとスッと落ち着き、その後は乗り手の指示に従い集中して走ることが出来ていました。調教量を増やしてからも、変わらず活気溢れる走りを見せていますので、この後もコンスタントに負荷を掛けた調教を進めていきます。現在の馬体重は525sです」

2017/6/26
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週1回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F51〜54秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「予定通り、先週末からBTCへの通い調教を再開しています。久々のBTCということもあり、屋内坂路へ向かう途中はチャカチャカした面を見せていましたが、いざ調教が始まると集中して走ることが出来ていましたし、動きの硬さは感じられませんでした。調教後の歩様もスムーズでしたので、今週からはBTCへの通い調教を週2回に増やすと共に、芝馬場での乗り込みもメニューに取り入れていこうと思います」

2017/6/19
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もBTCへの通い調教は行わず、ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場での乗り込みに留めています。本馬にとって今のメニューは物足りないのか、調教後もまだまだ走りたいという仕草を見せるなど、とても元気が良く活気に満ち溢れています。動きの硬さは完全に解消されましたので、今週末からBTCへの通い調教を再開しようと思います」

2017/6/12
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はBTCへの通い調教こそ行っていませんが、本場ウッドチップコースでコンスタントに乗り込まれています。ウォーミングアップを入念に行うことで動きの硬さは解消されて来ていますが、良かった頃と比べるとまだ若干、走りのキレに物足りなさが感じられます。ただ、毛ヅヤは良好で、馬体の張りも維持することが出来ていますので、目に見えない疲れが取れれば、動きも戻って来るでしょう。今週もビクトリーホースランチ浦河本場中心のメニューで調整し、良化を促していきます」

2017/6/05
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回のBTC通い調教を進めています。変わらず調教には前向きに取り組むことが出来ていますが、負荷を掛けた調教をコンスタントに行っていることで、ここに来て若干、動きに硬さが出て来ています。このまま調教を進めていっても問題ない程度ですが、ここで焦っても仕方ありませんので、今週はBTCへの通い調教は控え、本場ウッドチップ馬場での調整に留めようと思います」

2017/5/29
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTC直線2000m芝馬場での調教をメニューに取り入れています。初めての芝馬場での調教ということもあり、走り始めは肢元を気にしていましたが、スピードに乗ると自らハミを受けて前へいこうとする前進気勢を見せるなど、終いまで集中して走ることが出来ていました。調教ペースを一度落としたことで、走りの力強さは今まで以上に増していますので、今週も週2回のBTC通い調教を進めていきます」

2017/5/22
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「飼葉食いは変わらず良好で、馬体の疲れも見られませんが、今週からBTC直線2000m芝馬場での調教を開始しようと考えていましたので、先週は調教メニューをやや落として体調面を整えています。ペースを落としたことで、馬体・精神面共に余裕が感じられ、今週から始める新たなメニューにも十分対応出来そうです。芝馬場でどのような走りを見せてくれるのか、今から楽しみです」

2017/5/15
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もビクトリーホースランチ本場とBTCへの通い調教のメニューを進めています。これまでの調教の過程からも、体調面等での不安要素は全くなく、順調そのものです。また、強め調教を行った後でも馬体重を落とすことはありませんし、ここに来て筋肉量が更に増しているのが感じられます。後は、気持ちが入り過ぎないように考慮しながら進めていきます」

2017/5/08
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回のBTC調教を休まず行っており、BTC直線砂馬場では、前の馬が蹴り上げる砂に慣れさせる練習を行っていることで、砂が顔にかかっても怯むことなく走ることが出来ています。来週には、直線2000m芝馬場がオープンしますので、それまではこのままのメニューで進め、芝馬場がオープン後は芝コースでの調教も取り入れていこうと思います」

2017/5/01
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も順調に乗り込まれています。この中間も、ゲート練習をコンスタントに行っており、ゲートの前扉と後ろ扉を閉めた状態でも大人しく駐立することが出来ており、発馬もスムーズです。調教を進めていることで、気持ちの面がピリッとして来ていますので、引き続きしっかりと乗り込んでいき、更なる成長を促していきます。現在の馬体重は516sです」

2017/4/24
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。ここまでコンスタントに乗り込んでいることで体力が付いていますので、乗り込み量を増やしてからも体調を崩すこともなく元気一杯です。馬体がもう一絞りすれば、更に良いパフォーマンスを見せてくれそうですが、現状はこれでも十分ですので、本馬の成長に合わせて徐々に引き締めていこうと思います」

2017/4/17
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000坂路ウッドチップ馬場にて3F45〜48秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回BTCへの通い調教を進めています。この中間に、本馬を管理される予定の上原博之調教師が来場し、状態を確認され『一冬越したことで、馬体が更に成長していますね。歩様を見ている限りでは動きに重さはなく、トモの踏み込みに力強さが感じられます。現状でも良い身体付きを見せていますが、まだまだ成長しそうですので、引き続きこちらで乗り込みを進めてください』とのことでした。この後も上原調教師の指示通り、乗り込みを進めていきます」


△ ページの先頭へ戻る