ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
マロノヴィーナスの15年産 栗東・高野友和(予定) 黒鹿毛 2歳(2015.3.11) 2015年産2歳募集馬
■父:タイキシャトル
■母:マロノヴィーナス
■母の父:タニノギムレット
■募集総額(万円):1,800
■口数:400
■一口出資金(円):45,000
■在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
■現在の馬体重(Kg):487
■募集状況:募集中
2017/5/22
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本。週2回15-15の強め乗り込み1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週から強め乗り込みを週2回に増やしています。調教ペースを上げたことで身体の使い方が更に良化し、動きの柔らかみが増しています。この中間に、本馬を管理される予定の高野友和調教師から連絡があり『当初は、近日中の入厩を予定していましたが、厩舎の都合により入厩時期がずれ込みそうです。移動に向けて調教を進めて貰っていただけに申し訳ありませんが、もうしばらくそちらで調教を進めていってください』とのことでした。状態が整っていただけに残念ではありますが、いつ入厩の声が掛っても良いように引き続き調教を進めていきます」

2017/5/15
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本。週1回15-15の強め乗り込み1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「予定通り先週末から1F15-15の強め乗り込みを進めています。こちらに移動して来て初めての強め乗り込みでしたが、ここまでじっくりと進めて来ましたので、とても力強い脚捌きを見せていました。調教後も元気一杯ですので、今週からは強め調教を週2回に増やして進めていけそうです。なおこの中間に、本馬を管理される予定の高野友和調教師から連絡があり、近々の入厩を予定しているとのことでしたので、今後も負荷を掛けた調教で鍛えていきます」

2017/5/08
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週も調教メニューは変えていませんが、コンスタントに乗り込まれています。朝晩と日中の気温差は激しいですが、体調を崩すことなく元気一杯調教に取り組むことが出来ており、今の調教メニューにもしっかりと対応することが出来ていますので、今週末から1F15-15の強め調教を進めていこうと思います。飼葉食いが良く、馬体減りの心配はありませんので、どのような動きを見せてくれるのか今から楽しみです」

2017/5/01
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週から調教ペースを上げて調整しています。調教量を増やしてからも、身体を大きく使った軽快な走りを見せており、疲れを見せることはありません。この中間に、本馬を管理される予定の高野友和調教師へ状態を報告したところ『本州へ移動後も、体調を崩すこともなく順調に乗り込まれているようですね。ゲート練習も問題ないとのことですので、引き続き負荷を掛けた調教で鍛えていってください』とのことでした。今週もこのペースでの調教を消化出来るようであれば、来週からは強め調教を行おうと考えています。現在の馬体重は490sです」

2017/4/24
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。ゲート練習

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週のゲート練習は、駐立からのスタート練習を行っています。やや反応の鈍い面は見られますが、促せば真っ直ぐ出ることが出来ていましたし、まずは慣らすことが重要ですので、今はこれで十分でしょう。ゲート練習は一通り問題なく進めることが出来ていますので、今週は一旦ゲート練習を行わず、乗り込み量を増やして走りの面での成長を促していきます」

2017/4/17
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。ゲート練習

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週からゲート練習をメニューに取り入れています。週の前半は、前扉と後ろ扉を開けた状態で落ち着いて駐立することが出来ていましたので、週の後半からは扉を閉めた状態での駐立を行っていました。何度か経験させると、扉を閉めた状態でもチャカチャカせず立つことが出来るなど、物覚えがとても良いですね。この後は、スタートの練習も進めていきます」

2017/4/10
先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「減っていた馬体重が順調に回復して来ましたので、先週から調教量を増やしています。ここまで本馬の状態に合わせたメニューで進めていましたので、ペースを上げてからも動きに重さは感じられず、身体を大きく使って走ることが出来ています。この中間に、本馬の状態を管理される予定の高野友和調教師へ状態を連絡したところ、調教と並行してゲート練習を進めていくようにとのことでした。今のところ、落ち着いて調教に取り組むことが出来ていますので、高野調教師の指示通り、今週からゲート練習もメニューに取り入れていこうと思います」

2017/4/03
先月の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で軽めキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「この中間に、本馬を管理される予定の高野友和調教師がビクトリーホースランチ浦河本場へ来場され『順調に乗り込まれているようですね。現状を見ている限りでは、早くからデビュー出来そうなタイプですので、早々に本州へ移動させ、タイミングを見てまずはゲート試験を受験させましょう』とのことで、こちらへ移動して来ました。到着後もとても元気が良く、飼葉食いは良好でしたが、馬体重が減っていましたので、スクーリングを兼ねて1週間ほどはゆっくりさせていました。現在は、ポリトラックコースで3000mを乗り込むまでペースを上げることが出来ていますので、引き続き状態を見ながら進めていきます。現在の馬体重は487sです」

2017/3/06
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。もともと硬さはありませんでしたが、身体の使い方をしっかりと教えることで、動きの柔らかみが徐々に増して来ています。飼葉食いがとても良く、与えた分以上に欲しがる程の食欲を見せていますので、乗り込みつつも馬体重を減らすことはありません。現在の馬体重は508sです」

★競走馬名は「タイキサターン」で正式決定しています。英語で「土星」の意です

2017/2/06
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2000〜2400m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて18-18・16-16のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンターを2000m〜2400m乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて18-18・16-16のキャンター1本ずつ行っています。この中間に、成長を促すために1週間ほどBTCへの通い調教を控えたことで、馬体が更に大きくなっています。筋肉量も調教と休養を繰り返すことで順調に成長していますので、今後は更に良くなって来るでしょう。コンスタントに乗り込んでいることで、乗り手の指示にしっかりと耳を傾けるようになって来ていますので、これからの成長が楽しみです。現在の馬体重は504sです」

2017/1/04
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター2000〜2400m
週1回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて20-20・18-18のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「昨年9月に始めた馴致を順調に終え、10月からはビクトリーホースランチ浦河本場にて1日2400m〜3000mの距離を乗り込みながら基礎体力を養い、12月からは週に1回のペースでBTCでの通い調教を行うなど、強め調教を行う準備段階に入っています。気性面では若さがあり、真面目に調教に取り組むというよりは、いかにも走れて楽しいといった様子で遊びながら走っている状態です。それでも大きな身体から繰り出されるフットワークはダイナミックで、この時期の2歳馬とは思えない雰囲気を醸し出しています。まだ緩さがあり、走りや普段の様子から高い潜在能力を感じさせるだけに、素質の芽を摘まないようこの後もじっくりと進めていきます。現在の馬体重は496sです」


△ ページの先頭へ戻る