ホーム募集馬情報(募集馬近況一覧) / 募集馬近況
エメラルドプラバ 栗東・寺島良 栗毛 2歳(2015.2.20) 2015年産2歳募集馬
2017年10月_ビクトリーホースランチ名張分場
■父:ヘニーヒューズ
■母:エメラルドインディ
■母の父:アグネスタキオン
■募集総額(万円):1,500
■口数:400
■一口出資金(円):37,500
■在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
■現在の馬体重(Kg):460
■募集状況:募集終了
2017/7/10
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も順調に乗り込まれています。この中間もコンスタントにゲート練習を進めており、ゲート入りから駐立まで落ち着いて取り組むことが出来ています。発馬に関しては、テンションが高くなるため今は行っていませんが、本馬を管理される予定の寺島良調教師から連絡があり『今のところ、7/20(木)の函館検疫が確保出来そうです。入厩後は、ゲート試験へ向けての調教を進めていきますので、牧場でもしっかりとゲート練習を進めていってください』とのことでしたので、今週から発馬の練習もメニューに取り入れていこうと考えています。気持ちの入り易い面はありますが、乗り手の指示には従順ですので、この後も入厩に向けての調教を進めていきます」

2017/7/03
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回のBTC通い調教を進めています。調教ペースを上げながらも馬体重が増えているように、見た目からも成長を感じ取ることが出来ています。また、ここまで調教を休むことがないように馬体や脚元がとてもタフで、その辺りを気にすることなく調教を進めることが出来ていることも、本馬の著しい成長の要因でしょう。この後も今の流れを崩さないよう注意しながら調教を進めていきます。現在の馬体重は480sです」

2017/6/26
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も順調に乗り込まれています。この中間に、本馬を管理される予定の寺島良調教師が来場し、状態を確認され『久々に馬体を見ましたが、以前よりも全体的に大きくなっており、トモの筋肉量も増していますね。馬体を見る限りでは、ダートが合いそうではありますが、手先の軽い歩様からは芝でも十分対応出来そうですので、今後の動きが今から楽しみです。7月下旬頃に、函館競馬場か札幌競馬場へ入厩させようと考えていますので、引き続き調教を行っていくと共に、ゲート練習もコンスタントに進めていってください』とのことでした。入厩まで約1カ月ですので、引き続き負荷を掛けた調教を行い、更に鍛えていきます」

2017/6/19
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬場状態が回復しましたので、先週からBTC直線2000m芝馬場での乗り込みを再開しています。コンスタントに負荷を掛けた調教を進めていますが、テンションを上げることはありませんし、飼葉食いが落ちることもありませんので、乗り込みつつも馬体重は順調に増加しています。今のところ、体調面で気になるところは特にありませんので、この後もしっかりと乗り込んでいきます」

2017/6/12
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もBTC直線2000m芝馬場での調教を行う予定でしたが、この中間に降った雨の影響で馬場状態が悪かったため、屋内1000m坂路での調教に留めています。調教量は落としていますが、負荷はしっかりと掛けていますので、馬体・気持ち共に緩むことなく良い状態を維持することが出来ています。この中間に、本馬を管理される予定の寺島良調教師から連絡があり『なかなか北海道まで状態を確認しにいくことが出来ず、申し訳ありません。ここに来て、更なる成長が感じられるとのことですので、北海道開催中に厩舎へ入れ、デビューを目指しましょう』とのことでした。再び具体的な移動の話が出ましたので、今回は直前で体調を崩すことがないよう、今から体調管理を徹底していきます」

2017/6/05
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回のBTC通い調教を進めています。ダートとは違い、芝馬場の方が走り易いのか、今まで以上に軽快な脚捌きで走ることが出来ており、騎乗しているスタッフも良い手応えを感じています。また、坂路調教での動きも良化しており、自らハミを受けて前へいこうとする前進気勢が更に増しています。本馬はこれまで、新たな刺激を与える毎に成長を見せてくれていますので、今後も色々と工夫していきます」

2017/5/29
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTC直線2000m芝馬場での調教をメニューに取り入れています。初めてのコースということもあり、初日はややテンションの高い面を見せ、物見をしていましたが、2回目は物見をすることもなく集中して走ることが出来ていました。調教メニューが変わってからも、馬体を維持することが出来ているところを見る限りでは、馬体・精神面での更なる成長が感じられます。この後もしっかりと乗り込んで鍛えていきます」

2017/5/22
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「今週からBTC直線2000m芝馬場での調教を開始しようと考えていましたので、先週は調教メニューをやや落として乗り込んでいます。負荷を掛けた調教はコンスタントに行っていますが、調教量を減らしたことで気持ちに余裕が出来たのか、ややチャカチャカした面を見せるなど、心身ともにリフレッシュ出来、活気に満ち溢れています。今週からは再度負荷を強め、更に鍛えていきます」

2017/5/15
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もビクトリーホースランチ本場とBTCへの通い調教のメニューを進めています。ここまで休まず乗り込まれていますが、調教メニューを消化しつつも馬体重は増加していますので、良い傾向だと思います。またそれと共に、馬体に締りが出て来たことで、動きの力強さが増して来ています。今週も負荷を掛けたメニューで、更に成長を促していきます」

2017/5/08
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も普段の調教と並行してゲート練習を行っています。まだ若干、前扉と後ろ扉を閉めると落ち着きのない面を見せていますが、ゲート練習を始めてすぐの頃と比べれば、大人しく取り組むことが出来ていますよ。コンスタントに乗り込んでいることで、心身ともに順調に成長していますので、この後も今の成長曲線を崩さないように注意しながら進めていきます」

2017/5/01
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「コンスタントに負荷を掛けた調教を進めていることで、ここに来て馬体の張りと毛ヅヤが更に良化しています。また、身体の使い方も良くなっており、全身を大きく使って走ることが出来ていますので、前進気勢が増していますよ。近々、本馬を管理される予定の寺島良調教師が状態を確認しに来られるとのことですので、引き続き鍛えて成長を促していきます。現在の馬体重は466sです」

2017/4/24
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。ペースを上げてからも飼葉を残さず食べることが出来ていますので、馬体が減るどころか更に逞しい身体つきに成長しています。それと共に、走りの力強さも増していますので、乗り手も良い手応えを感じていますよ。今のところ、体調面で気になるところは特になく、順調に乗り込むことが出来ていますので、この後もしっかりと進めていきます」

2017/4/17
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000坂路ウッドチップ馬場にて3F45〜48秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も週2回BTCへの通い調教を進めています。この中間に、本馬を管理される予定の寺島良調教師から連絡があり『移動出来なかったのは残念ですが、その後も順調に乗り込むことが出来ているようですね。体調面で気になるところが特にないようであれば、5月の上旬に本州へ移動させることも視野に入れていますので、近々本馬の状態を確認しにいきます』とのことでした。春の訪れと共に、調子は順調に上向いて来ていますので、この後も成長を促していきます」

2017/4/10
先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000坂路ウッドチップ馬場にて3F45〜48秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からBTC1600m直線砂馬場での調教をメニューに加えています。コンスタントに負荷を掛けた調教を行っていますが、へこたれることなく前向きな走りを見せており、精神面・体力面共に着実な成長が感じられます。ここまで大きな問題もなく順調に乗り込むことが出来ていますので、オーバーワークにならないよう、今後も本馬の状態をしっかりと見極めながら進めていきます」

2017/4/03
先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースでウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F47〜50秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「この中間に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動させる予定でしたが、前日に熱発したため、移動を見送りました。幸い、調教を休む程ではありませんでしたので、変わらず乗り込みは進めており、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400m〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F47〜50秒のキャンターを2本行っています。普段は落ち着きがあり、扱いやすいタイプですが、調教になると気持ちのスイッチが入るなど、オンとオフの切り替えがしっかりと出来ています。現在の馬体重は462sです」


△ ページの先頭へ戻る