ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキグラミーの17年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 スピルバーグ 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2019/7/22 - ★暫定情報★7月末頃にビクトリーホースランチ名張分場へ移動予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「ここ数週間は、少し調教量を落として進めてきましたので、かなり元気が有り余る様子になってきました。トモはだいぶパンとしてきましたが、背中辺りや腹周りにはまだ皮下脂肪が厚く残っていますので、引き続きしっかりと汗をかかせて絞っていきます。今月末辺りに、名張分場へ移動し、本州の環境に慣らしながら調整を行っていくことになりましたので、負荷のかかる坂路で鍛えていきます。」

アッシュベリーの17年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 キズナ 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2019/7/22 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター2000m、坂路でキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は、特に変わりなく、調教での動きは順調そのものです。先週に引き続き、今週も15-15ペースの調教を行っていきますが、変に気追いすぎることなく、落ち着いてキャンターができていますし、馬房でもカリカリせずに、リラックスができています。下半身については、線の細い感じもすっかりなくなり、隆々としてきました。胸前がまだ寂しく映りますので、鍛えてボリュームアップを図っていきます。」

タイキソレイユの17年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エイシンフラッシュ 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2019/7/22 - ★暫定情報★8月頭頃にビクトリーホースランチ名張分場へ移動予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は週一回のBTC坂路にて、1本目を3ハロン45秒程度、2本目を3ハロン40秒を切るくらいで乗り込んでいます。調教と並行しながら、水鍼(鍼灸の手技の一つ。ごく少量の注射薬をツボに注入することで持続したツボ刺激を得る目的で使用。)で左トモの痛みを取る治療を行っています。来月頭辺りに、名張分場へ移動し、本州の環境に慣らしながら調整を行っていくことになりました。」

タイキトゥインクルの17年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキトゥインクル 母の父 リアルシャダイ
2019/7/22 - ★暫定情報★8月頭頃にビクトリーホースランチ名張分場へ移動予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、週1回の坂路調教を、終いの2ハロンを強目に促していく内容で行いました。12.4秒の好時計も出ていますので、調教は一番進んでいる内の一頭です。入厩時期は秋頃になる見込みで、北海道での調整を継続していく予定にしていましたが、検討を重ねた結果、来月頭辺りに、名張分場へ移動し、本州の環境に慣らしながら調整を行っていくことになりました。同時期に名張分場へ移動する馬が複数いますので、環境への慣れは、スムーズに行くと思います。」

フロレンティナの17年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 トゥザグローリー 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2019/7/22 - ★暫定情報★8月頭頃にビクトリーホースランチ名張分場へ移動予定

先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3000m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本、週1回グラス馬場でキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は、BTCへの通い調教を2回、いつも通りの坂路2本と、グラス馬場で2000mのキャンターを行っています。坂路では、本馬が走りたいペースで走らせるようにしましたが、16-16程度で収まっていましたので、まだまだ仕上がり途上ですね。グラス馬場では、初めての芝馬場での調教でしたが、特に走りにくそうにしている様子も無く、安定したキャンターができていました。来月頭辺りに、名張分場へ移動し、本州の環境に慣らしながら調整を行っていくことになりました。」


△ ページの先頭へ戻る