ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキメサイア 厩舎:美浦・高橋祥泰 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ハードスパン 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2017/10/23 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線1600m砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F40〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はBTC直線1600m砂馬場で乗り込んだ後に坂路調教を行うなど、より負荷を強めたメニューを進めています。直線1600m砂馬場では、スタート時にゲート練習を行い、そのままの流れでキャンターを行うなど、入厩後スムーズにゲート試験まで進めていって貰えるよう調教メニューを工夫しています。この中間に、本馬を管理される予定の高橋祥泰調教師から連絡があり『25日(水)の検疫が確保出来ましたので、入厩させましょう』とのことでした。ようやく具体的な入厩日が決まりましたので、引き続き移動までしっかりと調整していきます」

リンクスオブタイムの15年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 パイロ 母 リンクスオブタイム 母の父 ジェイドロバリー
2017/11/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週1回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F60〜63秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「予定通り先週からBTCへの通い調教を再開しています。久々のBTCでの調教ということもあり、坂路馬場への行き帰りは終始テンションの高い面を見せていましたが、調教中は落ち着いて走ることが出来ていましたので、こちらの環境に慣れれば調教場への道中もリラックスすることが出来るでしょう。今回の通い調教からも、このまま乗り込みを進めていくことが出来るということを確認することが出来ましたので、今週からはBTCへの通い調教を週2回に増やしていきます」


△ ページの先頭へ戻る