ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキエイワンの15年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハードスパン 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2017/5/22 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「飼葉食いは変わらず良好で、馬体の疲れも見られませんが、今週からBTC直線2000m芝馬場での調教を開始しようと考えていましたので、先週は調教メニューをやや落として体調面を整えています。ペースを落としたことで、馬体・精神面共に余裕が感じられ、今週から始める新たなメニューにも十分対応出来そうです。芝馬場でどのような走りを見せてくれるのか、今から楽しみです」

マロノヴィーナスの15年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2017/5/22 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本。週2回15-15の強め乗り込み1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週から強め乗り込みを週2回に増やしています。調教ペースを上げたことで身体の使い方が更に良化し、動きの柔らかみが増しています。この中間に、本馬を管理される予定の高野友和調教師から連絡があり『当初は、近日中の入厩を予定していましたが、厩舎の都合により入厩時期がずれ込みそうです。移動に向けて調教を進めて貰っていただけに申し訳ありませんが、もうしばらくそちらで調教を進めていってください』とのことでした。状態が整っていただけに残念ではありますが、いつ入厩の声が掛っても良いように引き続き調教を進めていきます」

リンクスオブタイムの15年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 パイロ 母 リンクスオブタイム 母の父 ジェイドロバリー
2017/5/22 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター1200m〜2400m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週からビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場での乗り込みを再開しています。跨った感触からも歩様の乱れは感じられませんでしたので、徐々に調教量を増やし、週末には片手前1200mずつの2400mを乗り込んでいます。もともと、右前肢の捻挫以外に気になるところは特にありませんでしたので、今週も順調にメニューを消化することが出来れば、来週からBTCへの通い調教を再開出来そうです」

エメラルドインディの15年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーヒューズ 母 エメラルドインディ 母の父 アグネスタキオン
2017/5/22 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「今週からBTC直線2000m芝馬場での調教を開始しようと考えていましたので、先週は調教メニューをやや落として乗り込んでいます。負荷を掛けた調教はコンスタントに行っていますが、調教量を減らしたことで気持ちに余裕が出来たのか、ややチャカチャカした面を見せるなど、心身ともにリフレッシュ出来、活気に満ち溢れています。今週からは再度負荷を強め、更に鍛えていきます」

タイキラナキラの15年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2017/5/22 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「今週からBTC直線2000m芝馬場での調教を開始しようと考えていましたので、先週は調教メニューをやや落として乗り込んでいます。調教メニューに緩急を付けたことで目に見えない疲れが解消されたのか、身体の張りが増し、馬体が更にフックラしたように感じます。飼葉食いは変わらず良好で、調教を進めていても与えた分は残さず食べることが出来ていますので、このまま調教を進めていけば更に成長するでしょう。本馬は2歳馬とは思えないほどの適応力を持っていますので、今週から始める新しいメニューも問題なく進めることが出来そうです」


△ ページの先頭へ戻る