ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキエイワンの15年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハードスパン 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。ここまでコンスタントに乗り込んでいることで体力が付いていますので、乗り込み量を増やしてからも体調を崩すこともなく元気一杯です。馬体がもう一絞りすれば、更に良いパフォーマンスを見せてくれそうですが、現状はこれでも十分ですので、本馬の成長に合わせて徐々に引き締めていこうと思います」

マロノヴィーナスの15年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。ゲート練習

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週のゲート練習は、駐立からのスタート練習を行っています。やや反応の鈍い面は見られますが、促せば真っ直ぐ出ることが出来ていましたし、まずは慣らすことが重要ですので、今はこれで十分でしょう。ゲート練習は一通り問題なく進めることが出来ていますので、今週は一旦ゲート練習を行わず、乗り込み量を増やして走りの面での成長を促していきます」

リンクスオブタイムの15年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 パイロ 母 リンクスオブタイム 母の父 ジェイドロバリー
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。気温が高くなり、温かくなって来たことで代謝が良くなり、馬体の張り・毛ヅヤが更に良化し、見た目にも調子の良さが伺えます。この中間も、ゲート練習をコンスタントに行っており、駐立から発馬までスムーズに進めることが出来ていますので、今後は前扉と後ろ扉を閉めた状態での駐立を進めていこうと思います」

エメラルドインディの15年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーヒューズ 母 エメラルドインディ 母の父 アグネスタキオン
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。ペースを上げてからも飼葉を残さず食べることが出来ていますので、馬体が減るどころか更に逞しい身体つきに成長しています。それと共に、走りの力強さも増していますので、乗り手も良い手応えを感じていますよ。今のところ、体調面で気になるところは特になく、順調に乗り込むことが出来ていますので、この後もしっかりと進めていきます」

タイキキララの15年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 モンテロッソ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。ゲート練習

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「この中間に、本馬を管理される予定の菊沢隆徳調教師から連絡があり『検疫が確保出来ず、予定がずれ込んでいますが、来週には確実に入厩させることが出来ると思いますので、ゴールデンウィーク前に美浦トレセン近郊の育成牧場へ移動させておいてください』とのことでした。菊沢調教師の指示通り、28日(金)に美浦トレセン近郊のKSトレーニングへ移動させる予定ですので、この後は移動に向けての体調管理を徹底していきます」

タイキラナキラの15年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC1600m直線砂馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F42〜45秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週から乗り込み量を増やして鍛えています。この中間も、ゲート練習をコンスタントに行っており、前扉と後ろ扉を閉めた状態でも大人しく駐立することが出来ています。スタートについては今一つですが、ゲート入りを嫌がる素振りは見られませんので、このまましっかりと進めていけば、スムーズに発馬出来るようになるでしょう。物覚えが良く、教えたことをすぐに理解する賢さが感じられますので、引き続き色々なことを教えていきます」

アッシュベリーの15年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 フリオーソ 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2017/4/24 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で20-20のキャンター2本。ゲート練習

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週も順調に乗り込まれています。この中間に、本馬を管理される予定の牧浦充徳調教師へ本馬の状態を連絡したところ『ゲート練習もコンスタントに進めることが出来ているようですね。今後は入厩に備えて、強め乗り込みを取り入れたメニューを進めていってください』とのことでした。ゲート練習は、駐立から発馬まで問題なく行うことが出来ていますので、今週からはゲート練習を行わず、調教ペースを上げていきます」


△ ページの先頭へ戻る