ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキソレイユの16年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2018/8/20 - ★8/20(月)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「騎乗調教を始めた頃は、柔らかくしなやかなキャンターに好感を持った半面、繊細で全体的に線が細いところを、少し懸念していましたが、現在では、良いところをそのまま残し、マイナス面を払拭した、剛柔両面を備えた走りになってきています。月を追うごとに、心身ともに逞しくなっていく本馬の様子を見て、父ダンカークの成長力をひしひしと感じています。8/20(月)朝に名張へ向けて北海道を出発しています。」

タイキグラミーの16年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ゼンノロブロイ 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「2週続けてBTC坂路にて、強めの調教を行いましたので、先週は本場での調教のみとし、少し楽をさせています。高い気温の中、強めの調教でも馬体を減らすことなく、本場の調教では、もっと走りたいという欲求が溢れています。身体は頑丈ですし、いい意味で気も強いので、名張への移動や、トレセンへの入厩後も調子を落とすことなく、調整していくことができると思います。」

アッシュベリーの16年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はインターバル区間として、BTCへは通わず、本場のウッドコースでの調教のみとしています。今までは全体的にボリュームのある、むっちりした雰囲気でしたが、だいぶ身体が引き締まって、筋肉のスジやくびれが現れ、ムキムキな印象へと変わっています。依然として調子は良い状態をキープできていますので、このままの流れを崩さずに進めていきます。」

タイキキララの16年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ディープブリランテ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「2週に渡って、調教の負荷を高めてやってきた効果が、ようやく表れてきました。余分な脂肪が落ちて、腹回りが明らかに締まってきており、動きに軽さも出てきています。四肢の筋肉のボリュームについては、もともと申し分ないものを持っているので、ここからもう少し絞っていって、本番仕様の身体に近付けていきます。」

タイキラナキラの16年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ストロングリターン 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週月曜日の動かし始めは、BTC坂路での調教の反動か、少し硬さがありましたが、少し距離を縮めた調教を終える頃には、いつも通りのキャンターができていました。翌日も大事を取って少し軽めのメニューにしましたが、普段の動きと変わらず杞憂に終わりましたので、すぐに元の調教量に戻しています。やはり回復力、修正力という面では全く心配が要らないようです。」

マロノヴィーナスの16年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター1本、13-13のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週はBTC坂路コースにて15-15ペース、13-13ペースのキャンターを1本ずつ行いました。13-13ペースのキャンターでは、前回一度経験しているので、すんなりと加速することができ、脚捌きは軽く、全体の動きも良くなっていました。最初に軽く促して、あとは追わずして3ハロン13秒台をキープできていますので、育成段階においては十二分に進んでいると言えます。」

タイキエイワンの16年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2018/8/20 - ★8/20(月)に、ビクトリーホースランチ名張分場へ移動しています

先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き、BTC坂路にて15-15ペースでの調教を行っています。骨瘤の療養からの立ち上げはスムーズにいき、療養前の状態まで戻すことができました。8/20(月)に浦河本場から、名張分場へ移動しています。初めての長距離輸送ですが、毎週馬運車に乗ってBTCへ通っていますので、環境には慣れていますし、精神的にタフさを持っているので、問題なくこなせると思います。」

タイキフェアレディの16年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キンシャサノキセキ 母 タイキフェアレディ 母の父 タイキシャトル
2018/8/20 - ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、日中はサンシャインパドックにて放牧を行い、経過を観察しておりましたが、なかなか状況が好転しない為、より精密な検査を行った結果、『ウォブラー症候群』という診断を受けました。獣医師と関係者での協議の結果、今後競走馬として出走することは厳しいとの判断に至り、誠に残念ながら、ファンドを解散することとなりました。出資会員の皆様には詳細を書面にて送付いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」

レーヴドベティの16年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 クロフネ 母 レーヴドベティ 母の父 ロックオブジブラルタル
2018/8/20 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。週に1回ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、BTC坂路にて15-15のキャンター1本、13-13のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「スピードに関しては言及するまでもなく、身体の使い方や脚捌きなど、動きの面では一級品の切れ味を持っています。全体のバランスに目を移すと、少し幼さを感じますが、こういう体形なのかもしれません。先週もBTC坂路にて、高負荷の調教を行いましたが、この調教量でインターバルを挟みつつ、コンスタントに続けていくことで、競馬を見据えた身体を作っていきます。」


△ ページの先頭へ戻る