ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキエイワンの15年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハードスパン 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。普段の調教時から手応えは十分ですが、坂路調教ではそれ以上に力強い脚捌きで駆け上がることが出来ており、乗り込む毎に筋力が増している印象です。また、乗り手の指示には従順で、教えたことをすぐに理解する賢さもありますので、とても順調に調教を進めることが出来ています。現在の馬体重は518sです」

★競走馬名は「タイキメサイア」で正式決定しています。英語で「救世主」の意です

マロノヴィーナスの15年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。もともと硬さはありませんでしたが、身体の使い方をしっかりと教えることで、動きの柔らかみが徐々に増して来ています。飼葉食いがとても良く、与えた分以上に欲しがる程の食欲を見せていますので、乗り込みつつも馬体重を減らすことはありません。現在の馬体重は508sです」

★競走馬名は「タイキサターン」で正式決定しています。英語で「土星」の意です

リンクスオブタイムの15年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 パイロ 母 リンクスオブタイム 母の父 ジェイドロバリー
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。ここまでじっくりと鍛えて来たことで体力が付いたからか、坂路調教を2本終えても疲れを見せずケロッとしています。また、とても真面目な性格ですので、チャカチャカすることもなく集中して調教に取り組むことが出来ています。大型馬ということもあり、まだまだ良くなる余地が残っていますので、引き続きコンスタントに乗り込み、更なる成長を促していきます。現在の馬体重は513sです」

★競走馬名は「タイキオデッセイ」で正式決定しています。英語で「長い冒険の旅」の意です

エメラルドインディの15年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーヒューズ 母 エメラルドインディ 母の父 アグネスタキオン
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。気が入り易いタイプということもあり、乗り込んでいることで若干馬体重を減らしていますが、調教ペースを上げても余裕でこなすだけの体力は付いていますので、問題ないでしょう。この中間に、本馬を管理される予定の寺島良調教師が来場し、状態を確認され『順調に乗り込むことが出来ているようですね。牝馬ということもあり、早期デビューを目指して行けそうなタイプですので、早めに厩舎へ入厩させましょう』とのことでしたので、10日(金)にビクトリーホースランチ名張分場へ移動させる予定です。この後は、移動に向けての体調管理を徹底していきます。現在の馬体重は466sです」

★競走馬名は「エメラルドプラバ」で正式決定しています。「エメラルドの輝き(サンスクリット語)」の意です

タイキキララの15年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 モンテロッソ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。休まず乗り込んでいることで、馬体全体の筋力が更にパワーアップし、坂路調教では軸のブレないバランスの良い走りを見せています。この中間に、本馬を管理される予定の菊沢隆徳調教師が来場し、状態を確認され『馬体からも、早期デビューを目指して行けそうですので、早めに本州へ移動させて調整してください』とのことでした。10日(金)にはビクトリーホースランチ名張分場へ移動させる予定ですので、引き続き体調管理に気を付けつつ進めていきます。現在の馬体重は461sです」

★競走馬名は「フェリーチェ」で正式決定しています。伊語で「幸せな」の意です

タイキラナキラの15年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。気温が徐々に高くなって来たことで体調面も良化しており、馬体は更に大きくなっています。またそれと共に精神面での成長も著しく、自らハミを受けて走ろうとする前進気勢が増しています。牝馬は繊細な馬が多いですが、本馬はそういった部分を見せることもなく落ち着いて調教に取り組むことが出来ていますので、今後も順調に鍛えていけそうです。現在の馬体重は497sです」

★競走馬名は「エピリマイ」で正式決定しています。ハワイ語で「ここへおいで」の意です

アッシュベリーの15年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 フリオーソ 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2017/3/06 - 先月の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000m
週2回BTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつ

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先月は、本場ウッドチップコースにてウォーミングアップ後、キャンター2400〜3000mを乗り込んでおり、週2回はBTC屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて3F52〜55秒、3F47〜50秒のキャンター1本ずつを行っています。心身ともに充実していますので、馬体の張りが良く、毛ヅヤもとても良好です。普段は落ち着きがあり、扱いやすいタイプですが、調教になると気持ちのスイッチが入るなど、オンとオフの切り替えがしっかりと出来ています。大型馬ですが、キビキビとした歩様や素軽い動きからは、スピードのありそうなところを見せていますし、前向きな気性からは仕上がりも早そうですので、今後もしっかりと鍛えていき、早期デビューを目指していきます。現在の馬体重は520sです」


△ ページの先頭へ戻る