ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキソレイユの16年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ダンカーク 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「こちらに来ている2歳馬たちの中では、順応が一番早かったので、ポリトラックでのキャンターの距離を少し伸ばして、負荷を掛けていっています。先日、高野友和調教師が来場した際は『順調に進んでいる様で安心しました。このままの調子で進めていってください』とおっしゃっていました。引き続き、この調子を維持しながら進めていきます。」

アッシュベリーの16年産 厩舎:美浦・高木登(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 アッシュベリー 母の父 Any Given Saturday
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「軽々と調教はこなしているのですが、良い時と比べると、やはりもうワンパンチ足りない、燻っている印象を受けますので、今週から少しリフレッシュ期間を設けて、運動を落とすことになりました。この期間に、更に一段階成長してもらい、リフレッシュ期間が明けた時には、本来の迫力あるキャンターを上回る動きを見せてくれることと思います。引き続きじっくり進めていきます。」

タイキキララの16年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ディープブリランテ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2018/9/17 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター2400m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週からこちらでの調教を開始しています。跨った印象としては、背中の幅が広く、とても安定感のあるキャンターをする馬だと感じました。どちらかと言うと、現時点ではパワー系の印象です。坂路での推進力は光るものを感じました。今後、より入厩へ向けた調教を行っていく中で、余分な肉が落ち、体力がついてきたら、更に良くなっていくと思います。」

タイキラナキラの16年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ストロングリターン 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター2400m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「堂々としていて、ゲート練習も全く動じず、淡々とこなすことができています。併せた時は気合乗りが良く、前進気勢も十分なのですが、単走時にも、もう少しピリッとした感じが出て、上へ抜けるキャンターが変わってくると、より良くなっていくと思います。これはレースへ向けて調教の強度が上がっていったときに変わってくるのではないかと思います。」

マロノヴィーナスの16年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダンカーク 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップコースにてウォーミングアップの後、キャンター3200m。

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は本場での調教で、BTC坂路での疲労抜きと、軽めのキャンターで後肢をしっかり使わせる動きで、じっくりと調整を行っています。13-13ペースの坂路調教でも、翌週に硬さを残さずに動くことができていますので、着実に身体は出来上がってきています。毛並みも良く、調子はかなり高い水準でキープできているようです。引き続き、調教を重ねていきます。」

タイキエイワンの16年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ヴィクトワールピサ 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター1200m 、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「しっかり休ませましたので、疲労が抜けて、かなり調子も良くなってきたようです。今週から坂路でのキャンターを2本に増やしていきます。馬の後ろに付けて、前の馬に集中させると、とても良いキャンターをします。しばらくはこの形で身体を作っていき、その後に単走、あるいは先頭でも集中して、高いレベルの走りを維持することができるように、要求していきます。」

タイキフェアレディの16年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 キンシャサノキセキ 母 タイキフェアレディ 母の父 タイキシャトル
2018/8/20 - ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「引き続き、日中はサンシャインパドックにて放牧を行い、経過を観察しておりましたが、なかなか状況が好転しない為、より精密な検査を行った結果、『ウォブラー症候群』という診断を受けました。獣医師と関係者での協議の結果、今後競走馬として出走することは厳しいとの判断に至り、誠に残念ながら、ファンドを解散することとなりました。出資会員の皆様には詳細を書面にて送付いたしますので、今しばらくお待ちくださいますよう、よろしくお願い申し上げます。」

レーヴドベティの16年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 クロフネ 母 レーヴドベティ 母の父 ロックオブジブラルタル
2018/9/24 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ名張分場角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター2400m 、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「少し歩度を伸ばしたキャンターでは、僅かにハミに頼っているような印象を受けましたので、後肢の出力が更に強化されると、もっと動きが良くなると感じています。それでも、敢えて言うなら、といった程度なので、概ねとても順調に調整を進めることができています。ゲート練習では、鋭い反応の発馬を見せてくれていますので、全く心配ありません。」


△ ページの先頭へ戻る