ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
タイキエイワンの15年産 厩舎:美浦・上原博之(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハードスパン 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2017/6/19 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もBTCへの通い調教は行わず、ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場での乗り込みに留めています。本馬にとって今のメニューは物足りないのか、調教後もまだまだ走りたいという仕草を見せるなど、とても元気が良く活気に満ち溢れています。動きの硬さは完全に解消されましたので、今週末からBTCへの通い調教を再開しようと思います」

マロノヴィーナスの15年産 厩舎:栗東・高野友和(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 タイキシャトル 母 マロノヴィーナス 母の父 タニノギムレット
2017/6/19 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースで軽めキャンター3000m、坂路で18-18のキャンター2本。週1回15-15の強め乗り込み1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は調教に緩急を付けるため、強め調教は週末の1本に留めています。ペースを落としたとはいえ、普段の調教は変わらず行っていますので、動きが重くなることはありませんし、馬体が緩むこともありません。調教量を減らしたことで、気持ちの面での余裕が出来たと思いますので、今週は強め調教を週2回に戻し、更なる成長を促していきます」

リンクスオブタイムの15年産 厩舎:栗東・大久保龍志(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 パイロ 母 リンクスオブタイム 母の父 ジェイドロバリー
2017/6/19 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬場状態が回復しましたので、先週からBTC直線2000m芝馬場での調教をメニューに取り入れています。本馬にとっては初めての芝コースでしたので、初日は終始肢元を気にする素振りを見せていましたが、2回目の調教時には集中して走ることが出来ていましたよ。普段から長めの距離を乗り込んでいることで、調教中の息遣いは良好ですし、身体を大きく使って走ることが出来ていますので、今週もBTC直線2000m芝馬場での乗り込みを進め、鍛えていきます」

エメラルドインディの15年産 厩舎:栗東・寺島良(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ヘニーヒューズ 母 エメラルドインディ 母の父 アグネスタキオン
2017/6/19 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m
週2回BTC直線2000m芝馬場にて1F17-17のキャンター後、屋内1000m坂路ウッドチップ馬場にて40〜43秒のキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「馬場状態が回復しましたので、先週からBTC直線2000m芝馬場での乗り込みを再開しています。コンスタントに負荷を掛けた調教を進めていますが、テンションを上げることはありませんし、飼葉食いが落ちることもありませんので、乗り込みつつも馬体重は順調に増加しています。今のところ、体調面で気になるところは特にありませんので、この後もしっかりと乗り込んでいきます」

タイキラナキラの15年産 厩舎:美浦・伊藤圭三(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 タイキシャトル 母 タイキラナキラ 母の父 フジキセキ
2017/6/19 - 先週の調教メニュー
ビクトリーホースランチ浦河本場ウッドチップ馬場にてウォーミングアップ後、キャンター3000m〜3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週もBTCへの通い調教は行っていませんが、本場での乗り込み量を増やして調整されています。挫石の影響で一息入りましたが、調教を再開してからはしっかりと距離を乗り込んでいますので、馬体の緩さは感じられませんし、動きの重さも見られません。今週末からBTCへの通い調教を再開する予定ですが、まずは屋内1000m坂路ウッドチップ馬場での乗り込みから進めていきます」


△ ページの先頭へ戻る