ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
シルヴィーズモードの19年産 厩舎:美浦・萱野浩二(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンレジェンド 母 シルヴィーズモード 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックでの放牧、ウォーキングマシーンでの運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週前半の内はサンシャインパドックでの放牧のみで療養し、6/3(木)の獣医師による診察で症状の改善が見られたので、当日からウォーキングマシーンでの運動を開始しています。15分の運動から始め、本日は30分まで延長しています。週末の鍼灸医師による馬体チェックでは、左股関節の傷みが見られましたので、水鍼による治療を受けています。今週いっぱいは今の運動強度で様子を見て、週末に馬体チェックを行い、次の立ち上げ段階へ移るかどうかを判断していきます。」

タイキキララの19年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 キズナ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は6/2(水)に、スノーサミットの19年産と併せ馬による坂路調教を行っています。15-15ペースで1本の坂路調教ですが、テンから終いまでしっかりと馬体を併せて、いつもにも増して気合いの入った走りを見せてくれました。気性はかなり前向きなので、そこが距離適性にどう影響してくるかですが、今のところ思惑通りに芝の中距離を走れそうな動きを見せてくれています。牧浦充徳調教師との話ではなるべく早く入厩体制を整えていくとのことでしたが、ニュアンス的には今月中に入厩できれば、という印象です。」

タイキソレイユの19年産 厩舎:栗東・橋田満(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハービンジャー 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックでの放牧

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「本日6/7(月)に橋田満調教師が来場し、第一声に『大きなったねぇ!』と感嘆の声を上げるほど、ここ数か月の馬体の成長が著しいです。この療養中に、さらに成長することを考えると、相当幅のある馬体になって帰ってきそうです。『療養は残念ですが、大事に至らなくて良かったです。本来、馬のことを考えれば秋のデビューですら早いくらいです。ハービンジャー産駒は息が長いと感じていますので、じっくり休んで焦らず行きましょう。』とも話していました。」

フロレンティナの19年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ラニ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTC坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/5(土)にBTC坂路コースで調教を行っています。1本目は15.5-15-15の3F-45.7、2本目を15-13-13の3F-41.1のタイムでまとめています。4頭縦列の先頭で、他馬を引っ張るような形での登坂でしたが、後ろの馬の手応えが良く、つつかれるような状況になっても、集中を切らさずしっかり我慢できていました。坂路からの帰り道では、他場の馬とのすれ違い時に飛んで跳ねての大立ち回りを見せるシーンがありましたが、それだけの元気がある証拠ですね。西園正都調教師とは、改めてお盆明け、本州の暑さが収まってきた頃の移動で段取りを組んでいます。」

エヴェリーナの19年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 フリオーソ 母 エヴェリーナ 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週前半の内はウッドチップコースでのキャンター2400mで調整を続け、6/4(金)からいつも通りの運動量に戻しています。馬体チェックでも引き続き傷みは見られず、調子が上向いてきたように見えます。今週は同様の調教強度で様子を見ながら進めていき、馬体や馬の雰囲気を見てBTCでの調教も取り入れていけたらと考えています。大竹正博調教師とは、本馬の入厩時期について、秋番組に入ってダートの中距離競走が増えてきたタイミングに合わせての入厩の準備を進めていくという話でまとまっています。」

タイキエイワンの19年産 厩舎:美浦・和田勇介(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ミッキーアイル 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「体調は回復し、先週のうちに馬体は419kgまで戻しています。6/2(水)に坂路調教を行っており、1ハロン18秒程度の軽めで乗る予定でしたが、テンションのコントロールが難しく、走りのバランスを崩さぬように15-15ペースで乗りました。現状は馬体の増減が大きく、なかなか調整が難しいですが、調教後も飼い葉をしっかり食べていますし、精神面の成長とともに安定してくると思います。和田勇介調教師とは、状態を見ながら再び入厩時期のすり合わせを行っていきます。」

イータカリーナの19年産 厩舎:美浦・矢野英一(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスケンデレヤ 母 イータカリーナ 母の父 Forestry
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場で乗り運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は角馬場での乗り運動で骨端炎からの立ち上げを進めてきました。週明けは力んでいましたが、徐々に落ち着いた動きができるようになってきました。角馬場で駆歩を乗るところまでは進めていましたが、週中頃をピークにやや硬さが出てきたため、再び軽めの乗り運動まで落としています。週末の鍼灸医師による馬体チェックでは、両仙腸靱帯の傷みが見られ、水鍼による治療を行いました。その後は再び歩様の回復が見られ、本日も角馬場で駆歩まで乗っています。少し立ち上げに時間が掛かりそうですが、馬体のバランスは整ってきているので、ここを乗り越えればあとはスムーズに進めていくことができると思います。」

タイキグラミーの19年産 厩舎:美浦・菊沢隆徳(予定) 在厩先:KSトレセン
父 サトノアラジン 母 タイキグラミー 母の父 フレンチデピュティ
2021/6/07 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ダートコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター1本

KSトレセン担当者
「先週は6/1(火)夕方にこちらに到着し、6/3(木)まではウォーキングマシーンでの運動のみで調整しています。6/4(金)に角馬場で軽めの乗り運動を行い、本日からダートコースで3000mのキャンターを乗っています。菊沢隆徳調教師からは、先週末の競馬で除外が多く、入れ替える馬を用意できなかったとのことで、今週の入厩はできず、来週の検疫で、という話を受けています。今週はダートコースでの調教に加えて、坂路も使いながら入厩に備えて乗り込んでいきます。」


△ ページの先頭へ戻る