ホーム / 募集馬情報(募集馬近況一覧)
●馬名をクリックすると各馬の近況を見ることができます。

2歳馬
シルヴィーズモードの19年産 厩舎:美浦・萱野浩二(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ダノンレジェンド 母 シルヴィーズモード 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックでの放牧、ウォーキングマシーンでの運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週末の鍼灸医師による馬体チェックでは、引き続き左股関節の傷みが見られたため、先週も騎乗運動は行わず、サンシャインパドックでの放牧と曳き馬・ウォーキングマシーンでの運動で療養しています。股関節の傷みの程度は前回より軽くなっているので、医師の見解では『今週末にチェックして、傷みがさらに良化していれば騎乗運動を進めていって問題ない。』とのことですので、週末までこのまま療養します。左後肢球節周りの打撲・捻挫については、腫脹、熱感ともに引いており、痛みもなく無事に完治しています。現在の馬体重は516kgです。」

タイキキララの19年産 厩舎:栗東・牧浦充徳(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 キズナ 母 タイキキララ 母の父 キングヘイロー
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター2本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は6/9(水)に坂路コースで2本の強め調教を行っています。2本とも単走15-15ペースでまとめており、乗り役のアクションは必要とせず、自らハミを取って走ることができていました。現在の馬体重は500kgで、太め感なくガッチリとした好馬体となっています。ここまでの乗り込み量に不安はないので、入厩までの体調面に気を配りながら、トレーニングを進めていきます。各馬房に扇風機を設置していますが、水桶で鼻先を濡らしてから扇風機の前に立つという賢い一面もみせています。」

タイキソレイユの19年産 厩舎:栗東・橋田満(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ハービンジャー 母 タイキソレイユ 母の父 フジキセキ
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
サンシャインパドックでの放牧

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「左前肢深管部の剥離骨折のため、引き続き日中のサンシャインパドックでの放牧で療養中です。明日で発症後ちょうど1か月が経ちますが、骨折後1か月の状態とは思えない程、痛み・熱感は治まってきています。ただ、負傷個所としては、大きな運動をさせた時に負荷がかかるところですので、急いで立ち上げて調教強度が上がった時に痛みがぶり返すようなことが無いように、あとひと月我慢して療養していきます。現在の馬体重は465kgです。」

フロレンティナの19年産 厩舎:栗東・西園正都(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 ラニ 母 フロレンティナ 母の父 クロフネ
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m、週1回BTCグラス馬場でキャンター1本

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は6/10(木)に、BTCグラス馬場で強めの調教を行っています。600mの屋内トラックを2周半でウォーミングアップをした後、グラス馬場へ移動し5ハロン計測しています。16-14-14-13.5-12の5F-70.8の時計で走破しており、始めは前に馬を置いて追いかける形で入り、3ハロン目辺りからぴったり2頭併せで乗りました。終い2ハロンは少しアクションを入れて脚を伸ばしており、反応良く時計を詰めることができています。まだトモの緩いところはありますが、身体を大きく使ったパワフルな走りが出来ており、順調な成長を見せてくれています。6/8(火)には西園正都調教師が来場しており、『見るたびに成長して立派な馬になってきましたね。ここまで変わり身を見せてくれる馬も珍しいので、毎回来るのを楽しみにしています。中京か新潟辺りのダート1800mでドカンとかましたいですね。』と話していました。現在の馬体重は504kgです。」

エヴェリーナの19年産 厩舎:美浦・大竹正博(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 フリオーソ 母 エヴェリーナ 母の父 ヴィクトワールピサ
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ウッドチップコースでキャンター3600m

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週は引き続き、本場のウッドチップコースでのキャンターのみで調整してきました。無理せず本場で乗り込んできたことで、適度に気乗りしてきたようで、頭をグッと下げ、いつになく鋭い目つきで調教をこなしています。少し調教量を落としただけですが、上手く気持ちの切り替えができたようですので、今週から再びBTCでのスピード調教を取り入れて調教強度を引き上げていく予定にしています。現在の馬体重は483kgです。大竹正博調教師と相談した結果、現状では、盆明けの美浦の検疫混雑を想定して、札幌経由で入厩するプランで考えています。」

タイキエイワンの19年産 厩舎:美浦・和田勇介(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ名張分場
父 ミッキーアイル 母 タイキエイワン 母の父 フサイチコンコルド
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
角馬場でウォーミングアップ、ポリトラックコースでキャンター1500m、坂路コースでキャンター1本

ビクトリーホースランチ名張分場担当者
「先週は6/9(水)に坂路コースで2本の強め調教を行っています。2本とも単走15-15ペースでまとめており、芯の通った走りで、糸を引くような流麗なフットワークを見せています。馬体重は422kgで、徐々にではありますが、乗り込みながら元の体重に戻してきています。前回は急遽入厩が延期となり、馬房の調整等難しいところがあったと思いますが、和田勇介調教師もなんとか工面してくれて、6月末、7月頭あたりに馬房を回せそうとの連絡を受けています。残り2週間ほど、体調と馬体に特に気を配ってトレーニングを続けていきます。」

イータカリーナの19年産 厩舎:美浦・矢野英一(予定) 在厩先:ビクトリーホースランチ浦河本場
父 エスケンデレヤ 母 イータカリーナ 母の父 Forestry
2021/6/14 - 先週の調教メニュー
角馬場で乗り運動

ビクトリーホースランチ浦河本場担当者
「先週も引き続き角馬場での運動で調整してきました。週末の鍼灸医師による馬体チェックでは依然仙腸靱帯の傷みが見られましたが、先週より程度は軽くなっています。成長期真っ盛りで、上半身がメキメキと伸びてきているので、進めていく中でもう一度泣く事があるかもしれませんが、着実に馬体は完成されてきています。馬体重は512kgまで増えていますが、重め感なく、成長の度合いが数値として表れています。このあとの運動強度の引き上げについては、様子を見ながら慎重に進めていきます。」


△ ページの先頭へ戻る